室内犬の冬の過ごし方!犬と人では快適な温度が微妙に違う!?

犬 冬

小型犬は比較的寒さに弱い子ばかりですので、室内飼いでも寒さ対策は重要です。その中でも寒さに弱い犬種は、原産国が温かい国やスムースヘアなどの毛が短い犬種。

毛が抜けにくいシングルコートの犬種、老犬や子については、特に寒さに弱いので気を付けてあげましょう。そして、犬にとって快適な温度があり、その温度は24度前後湿度は50~60%が快適といわれています。

では、どのように対策をすればいいのかなどご紹介しますので、是非参考にしてくださいね!

室内犬の冬の過ごし方について!

~室内犬の冬の防寒対策について~

カーペット

出典:https://www.irasutoya.com

・毛布や犬用ベッド、床暖房やホットカーペットの防寒対策

使わなくなった毛布や、犬用のベットを置いてあげる、床暖房やホットカーペットをつけてあげるなどの工夫をしましょう。

ただ、床暖房やホットカーペットについては、付けるのであれば犬が熱いと思ったときに涼しい場所に移動できるようなスペースを作ってあげるようにしましょう!

・日中ゲージに入れている場合

ケージ

出典:https://www.irasutoya.com

お留守番時などはゲージに入れている場合、毛布+毛布でゲージを囲うなどをしているとより暖かく過ごすことができます。(全体的に囲ってしまうと、真っ暗になり恐怖心を抱いてしまう事がありますので、少し隙間を空けておきましょう!)

・犬用の服を着させる

犬 服

出典:https://www.irasutoya.com

ペットショップなどに販売されている犬用の服を着させてあげるのも防寒対策になります。室内犬用の分厚い服も売っている所がありますよ!

・エアコンをつけておく

エアコン

出典:https://www.irasutoya.com

ストーブは危ないので、目を離すときは消しておきましょう。エアコンをつけておくのも防寒対策に十分なりますが、温かい空気は高いところにたまるので、背の低い犬の高さは寒い場合がある為、エアコンの羽を下に向けておくなどの配慮が必要です。

又エアコンをつけると部屋が乾燥してしまうので、同時に加湿器もつけておくようにしましょう!他にも、日中日が照る窓は、開けておくなどの対策法もあります。

私事ですみませんが、私が飼っている室内犬の冬の過ごし方は大体3匹で毛布にくるまって寝ています。室内犬の3匹の犬種は違いますが、みんなダブルコートで冬にはふさふさの毛に生え変わっているのでそれほど神経質に対策はしておりませんが、雪が降る地域なので、雪が降る日は暖房を緩めに付けています。

それでも、早朝は毛布だけなので、(犬が寝ている部屋にはコンセントをかじられると怖いので、暖房器具が置いてありません。)いつもは私が起きて部屋に行くと、しっぽを振って寄ってくるのですが、冬の朝は絶対に毛布から動きません。気が向いても顔を出す程度です(笑)

賢い犬ランキング小型犬特集!あの小型犬がとても賢かった!

冬に発症しやすい病気について

冬に発症しやすい病気

犬 病気

出典:https://www.irasutoya.com

気温が急激に下がったりすることで『心臓疾患』を発症するリスクが上がります。これは、冬の急激な温度差に体もついていこうとすることで、心臓に負担がかかってしまう為に発症してしまいます。

心臓疾患の中でも冬に多い病気

・憎房弁閉鎖不全症

心臓の左側に憎房弁という弁があります。人間にもある箇所なのですが、その弁が閉じにくくなってしまい、血液が逆流してしまう病気です。

寒いから発症するのではなく心臓に負担がかかる事がきっかけで症状が進行し、飼い主さんでもわかりやすい症状がみられるようになります。(呼吸困難や痩せてくる、咳がひどくなる、運動するとすぐ疲れる等)

この病気は5年前に実家で飼育していた愛犬が発症した病気です。発見時は10歳の高齢で、体の負担を考え手術はせず、薬で進行を抑えていました。

症状はもっと前から出ていたはずと獣医さんに言われたのですが当時の私や家族は知識がそれほどなく、全く気づきませんでした。

憎房弁閉鎖不全症の主な症状は咳なのですが、犬の咳がどのような物かを知っていないと『咳』だとわからず、放っておいてしまう事がほとんどだと思います。

『カハッ』『カッ』などの声を出している場合は、それは咳かもしれないので、よく観察して様子を見て続く様であれば憎房弁閉鎖不全症のほかにも考えられる病気はありますので、病院へ行きましょう。

・膀胱炎・膀胱結石

冬になるとおしっこの回数が減ってしまい、膀胱に菌が繁殖しやすくなって膀胱炎になってしまいます。急に頻尿になった、血尿が出ている、おしっこの色がいつもより濃い場合は病院へ行きましょう。

膀胱結石も上記の原因と同じく冬におしっこの量が減ることで膀胱に石ができやすくなります。結石ができて、尿路に詰まってしまうと、おしっこが出にくくなったり、血尿が出るようになります。いずれにしても、いつもと違う様子であれば病院へ連れて行きましょう!

・気管支炎

暖房器具をつけていたりして部屋が乾燥している冬に特によく見られるのが気管支炎です。症状は咳や呼吸困難なので、憎房弁閉鎖不全症で紹介したような咳が出る場合は気管支炎の可能性もありますので、病院へ行きましょう。

参考:PETomorrow

まとめ

  • 室内犬の場合、部屋の中に毛布や犬用のソファーなどその場所に居れば暖かくなるようなものを置いておくと良い!
  • 室内犬の場合、ストーブなどの触ると危険な物は、飼い主さんが居ない時は使用しない事!
  • エアコンを使用する場合、加湿器を付けるように心がける。

室内犬の冬の過ごし方についていかがでしたでしょうか?冬を快適に過ごしてもらえるように、防寒対策はきっちり行っておきましょう!

現代では室内犬用の防寒対策グッツが沢山販売されています。そういったグッツは進んで使用する事をおすすめします^^

冬になりやすい病気についても、早期発見早期治療が病気の悪化を防ぐのでいつもと違う様子であれば、病院へ行き診てもらいましょうね。

大型犬や小型犬のかわいいランキング!意外な種類も上位入りか!?