コーギーの性格は凶暴で噛むことが多いのか真相を調査!

コーギー

短足犬で可愛いと、とても人気があるコーギー。中型犬の中でも小さい子ですので、室内で飼われている方も沢山いらっしゃると思います。

そんなかわいらしい容姿ですが、実は性格が凶暴?!今回は、コーギーの性格が凶暴で噛む子が多いのか?についてご紹介いたしますので是非参考にしてください。

コーギーの性格が凶暴?真相に迫ります!!

コーギー

出典:https://qpet.jp/dog/dogbreed00147/

コーギーにはウェルシュ・コーギー・ペンブロークとウェルシュ・コーギー・カーディガンの2種類がいて、見た目はほとんど同じなのですが、よく見かけるのはペンブロークの方です。

大きな違いといえば、大きな違いといえば、しっぽがあるかないかです。ペンブロークの方については、昔、牛を追う仕事をしていた牧羊犬で、牛にしっぽを踏まれてけがをしないようにと、生まれてからすぐにしっぽを切ってしまっていて、その風習が今でも続いています。

ブリーダーさんや個人で繁殖させている方によっては、しっぽを切らない人も増えてきていますが、生まれつきしっぽが無い子もいます。よって、ペンブロークはしっぽが無い子が多く存在します。

一方カーディガンの方につきましては、しっぽを切るという風習がなかったのでカーディガンにはしっぽがあります。

よく見たらわかる違いについては、カーディガンの方がペンブローグに比べ胴が長く、足も少し長い。がっちりした体格をしています。

コーギーの性格について

コーギーには2種類あると言いましたが、その2種類とも性格はあまり変わりませんが、カーディガンはあまり交雑されていないので、もともとのコーギーの性格がずっと変わらず続いています。

コーギーの基本的な性格は、おおらかな性格で賢いといわれていますが、【神経質・警戒心が強い】という面もあるそうです。

特に、元々牧羊犬をしていたペンブロークにつきましては、牛をコントロールする際に牛の足を噛んでコントロールをするという事をしていましたので、今でもその名残で人や物を噛んでしまう傾向がみられます。

なので、コーギーは狂暴だといわれる方が多いのです。

警戒心が強く、神経質という面は番犬に向いているのですが、守らないといけないと言う強い使命感を持っているので、自分の縄張りに自分より立場が下だと認識している人や動物、自分の嫌いな人などが入ろうとすると、守ろうと噛み付いて追い払おうとします。

そして甘えん坊な一面もありますので、甘やかして育ててしまうと、言う事を聞いてくれなくなってしまいます。そのため、噛む・吠えるという凶暴な性格が悪化してしまう可能性もあります。

実際にネットなどの相談書き込みなどに投稿されている内容などを探すと。

  • 自分が飼っているコーギーは、とても凶暴ですぐ人間を噛むという癖が治らない。
  • 自分から喜んで近寄るので触ってあげると噛み付き(飼い主にも、他人にも)大けがになることもあります。
  • 近づくと噛み付いてきて、噛まれたら毎回と言っては過言でもないほど、大けがをします。
  • どこかに連れて行こうと抱っこしようとしても噛み付いてきてくる。

など、コーギーの性格が凶暴で噛む癖が治らない事に対して本気で悩んでいる人がいらっしゃいます。

ですが、私の知り合いが飼っていたコーギーの性格はとても優しく賢く、じゃれているときは甘噛み程度ですが、噛むという行為はあったのですが、じゃれているとき以外は噛み付くという事は絶対になかったです。凶暴だとも思ったことはありませんでした。

しかし、過去に郵便局の赤いバイクに乗った誰かが何か嫌がることをしたのか、それ以来、郵便局の赤いバイクには激しく吠えるようになったそうです。自分が嫌な人には激しく攻撃をするようですね!

大型犬や小型犬のかわいいランキング!意外な種類も上位入りか!?

コーギーの凶暴で噛む癖がある場合はしつけで改善しよう!

今飼っているコーギーが子犬の場合、必ず子犬のころから噛み付きを覚えないようにしつけをすることが必要です。

じゃれて自分を噛んでくる場合でも、噛み付いてきた瞬間に遊びをやめて無視をしてください。子犬の頃はじゃれていて噛み付いてきてもあまり痛くないと思いますが、成犬になると本当に大けがをすることがあるので、子犬のうちに、やめさせましょう。

噛むとダメな物を噛んでいる場合は、ダメ!などの怒るときの声掛けをしておもちゃを取り上げて、噛んでもいいおもちゃ(犬専用のおもちゃなど)を渡してあげましょう。

怒るときもしっかり怒ってください。『だめでしょ』などのやわらかい言い方では意味がありませんので、『ダメ』などの短い言葉で、自分の出来る限り出せる低い声で怒ってください。

成犬でも、子犬でも人間を噛んでしまった場合は、少しやりすぎだと思われる方もいらっしゃると思いますが、首を押さえつけ、地面に押し付け、おとなしくなるまで我慢させる、噛まれたときに大げさに痛がったりしてください。

もちろん、投げつけたり、思い切りたたいたりするのは絶対にNGです。指をかまれた場合は、そのまま舌を押さえつける・少し奥に指を押し込むなども効果的といわれていますが、余計痛い思いをしてしまう可能性もあります。

この方法は逆効果だと言う方もいらっしゃいますが、どうしても治らない場合の最終手段に試してみて下さい。メリハリが大切なので、ダメな行為を辞めたら沢山褒めましょうね。

あとは、犬にストレスを与えないようにしてください。家の中にストレスの原因かな?と思われるものは排除して、犬の過ごしやすい環境を作ってあげてください。
お散歩や遊ぶ時間を増やしてあげるのもいいでしょう。

まとめ

  • コーギーは元々牧羊犬で牛の足を噛んでコントロールをするお仕事をしていた為、元々の性格で噛む癖がついている子もいる。
  • コーギーはみんな噛むというのは違います!きちんとしつけをすると噛み癖は治りますし、初めから噛み付き癖が無い子は沢山います。
  • コーギーときちんと信頼関係を築いていれば、噛まれる事はありません。

コーギーの性格は凶暴で噛むことが多いのか真相を調査!についていかがでしたでしょうか?

コーギーだけではなく、他の犬種でもいえる事ですが、噛み癖があるなと思ったら噛み癖を無くすよう、きちんとしつけを始めましょう。簡単にはいかないかと思いますが根気強くしつけをすれば、必ず覚えてくれますので、頑張りましょう!

室内犬の冬の過ごし方!犬と人では快適な温度が微妙に違う!?