アロマオイルの寝る時におすすめな種類や使い方!ミツロウクリームの作り方も紹介!

アロマオイル

アロマオイルと聞くと、リラックスやリフレッシュといった言葉が浮かびますよね。人にとって睡眠は健康を維持するために必要不可欠です。そこで、より睡眠の質を良くしたいと思いませんか?よく眠れたなと思う日は、体も軽くなりますよね。

良い睡眠は、体や心の不調を整え、より健康へと導きます。そこで、健康をサポートする大事なアイテムとして、寝る前や寝るときにおすすめのアロマオイルを紹介します。是非、参考にしてみてください。

寝る時におすすめのアロマオイル!

眠たい女性

出典:https://www.pakutaso.com

雑誌などでよく見るのが、入眠儀式という言葉です。聞いたことありますか?寝る前に毎回同じ行いをすることで、体が眠りに入りやすくすることです。例えば、お風呂に入り、歯を磨いて本を読んでから眠る。

これを習慣化することで、体が寝るというリズムを覚えるのです。ここにアロマオイルの香りもプラスして、リラックス効果を高めましょう。

リラックス効果のあるアロマオイル

ラベンダー、ローズマリーは、自律神経を整える働きがあり不安や、イライラ、無気力な時など精神的にうまくいかないときにおすすめです。気持ちを穏やかにする作用があります。

柑橘系のアロマオイル

オレンジやユズ、ベルガモットなどの柑橘系は、アロマオイル初心者や、子どもから高齢者までなじみやすい香りなため、家族で寝室に使いたいという時に便利です。

柑橘系のフレッシュな香りは気持ちを前向きにさせる効果が期待できます。心配ごとや落ち込んだときなど不安があるときに使うといいでしょう。

風邪など呼吸器に作用するアロマオイル

乾燥の季節なると、のどの痛みや、鼻の不調で眠りにくい日も出てきますよね。ユーカリ・ラジアータやティーツリーは、抗菌、抗ウイルス作用があり免疫を強化する作用もあるので、風邪気味な時は、是非試してみてください。

ローズマリーやラベンダーなどとの相性がいいので、ブレンドして好きな香りにしても使いやすいですね。

寝るときにおすすめのアロマオイルの使い方

アロマオイルはさまざまな使い方ができます。いくつかご紹介します。使いやすいやり方を見つけてくださいね。

★ティッシュにアロマオイルを垂らす

一番簡単なのは、ティッシュにアロマオイルを数滴たらして、枕元に置くて寝る方法です。

★アロマストーン

アイテムとしては、アロマストーンもありますね。持ち運びしやすいので、出張や旅行にも携帯したいという人は持っていても損はないでしょう。

★ディフューザー、スプレーなど

または、アロマディフューザーを使ったり、アロマスプレーを作ったりして、寝る前に寝室に香らせておく方法もあります。枕にスプレーする場合は、シミにならないようにタオルにひと吹きしましょう。

部屋全体に香らせる時は、一緒に寝る人も心地よいと思える香りにしましょう。

入眠儀式にアロマトリートメントを取り入れる

寝る前にアロマトリートメントをすることで体の血行をよくし、また手足を温めることでより眠りに入りやすい状態になります。特に、冷え性の人は、手足を温めることで入眠しやすい状態になるのでおすすめです。

植物油(アロマテラピーショップなどで簡単に手に入ります)にアロマオイルを垂らしてセルフトリートメントをします。ひざ下や足、肘下から手にかけてなでたりもむことで血行がよくなります。オイルで保湿するので、皮膚もしっとりし、美容にも効果が期待できます。

おすすめは、ローズやゼラニウム、パルマローザといった皮膚の再生を促したり、肌の弾力やシミしわ予防などが期待できるアロマオイルです。

手作りハンドクリームや風邪予防クリームに挑戦!

そのほかのアロマオイルの使い方もご紹介します。我が家のやり方です。

個人差があるので、必ず自己責任で行いましょう。子供たちが鼻かぜや咳をしだしたら、ユーカリ・ラジアータとティーツリー、ペパーミントを薄い濃度で作ったクリームを胸に塗って寝かします。

私も風邪の引きはじめに塗って就寝します。スーッとする香りが呼吸を楽にしてくれる気がするので、予防策として重宝します。強い香りは子供も嫌がりますが、薄めに作ってあるので、嫌がらず塗らせてくれます。

また、そのほかにもハンドクリームに好きなアロマオイルを入れで作ると、寝るときに、その香りを嗅ぎながら眠ることできます。私は、ベンゾインにオレンジをブレンドして使っています。

ベンゾインは、バニラのような甘い香りが気持ちをふわっと軽くしてくれます。甘い香りが好きな方はおすすめしたいアロマオイルです。肌に違和感を感じたらすぐにやめましょう。

筆者おすすめの無印良品のアロマはこれ!手間いらずでゆったり過ごせます!

ミツロウクリームの作り方

先ほどのハンドクリームや風邪予防クリームはこのミツロウクリームが基本です。

クリーム30gの作り方

  • みつろう5gとホホバオイル20mlを湯煎して溶かします。
  • 完全にみつろうが溶けるまで混ぜる
  • 溶けたら湯煎からはずし、少し経つと膜ができ、まわりから固まりはじめます。
  • そして入れたいアロマオイルを1滴~6滴入れて混ぜます。
  • クリーム容器に移します。
  • 保存期間は約2ヶ月です。

まとめ

  • 寝るときにおすすめのアロマオイルは、目的だったりなじみやすい香りだったり好きなものを選ぶ
  • 使い方は、アロマディフューザーやアロマスプレー、ティッシュに垂らす方法がある
  • 入眠儀式として、アロマトリートメントを取り入れることでより良い眠りが期待できる
  • 手作りクリームを寝る前に塗ることで好きな香りを嗅ぎながら眠りこともできる

睡眠を良くすることは、健康の維持にもつながるので是非アロマオイルを活用して、リラックス効果を高めてみましょう。

私自身も、さまざまなアロマオイルにお世話になっており、特に風邪予防のアロマオイルはすごく使います。好きな香りを嗅ぐと気持ちが前向きになります。

是非、好きな香りを見つけていろいろ試してみてください。

100均のアロマオイルは危険があるのか調査!安全な物の選び方!