柴犬のシャンプーの頻度や方法を調査!トイプードルやシーズーや他の犬はどうなの?

犬を飼ったら定期的にしないといけない事の中の一つ、「シャンプー」ですがどれくらいの頻度で行えばいいのか、自宅でシャンプーを行う場合どのようにすればいいのかわからない方がいらっしゃると思います。

今回は柴犬のシャンプーの頻度やトイプードルやシーズーなど、他の犬種はどのくらいの頻度で行っているのかをご紹介していますので是非参考にして下さい。

柴犬のシャンプーの頻度やお風呂の入れ方!

犬のシャンプーの必要性

犬は、汗を分泌する汗腺がないので汗をほとんどかきません。だからと言ってお風呂に全く入れないのは良くないです。何故、汗をかかない犬をシャンプーする必要があるのか…?

体の汚れを放ったままにしておいてしまうと、臭くなってくるだけではなく、皮膚の病気になってしまう事もあります。ノミやダニの温床にもなってしまいますし、犬の体についたノミやダニは人間にも寄生する事があります。

犬の体を衛生的に保つためにも、定期的なシャンプーが必要不可欠です。

柴犬のシャンプーの頻度

柴犬に限らず、すべての犬種に言える事は、シャンプーを頻繁にしてしまうと必要な皮脂まで洗い流してしまい、逆効果になってしまいます。逆に少なすぎても、汚れが溜まり不衛生な状態になってしまいます。

1ヶ月にこれだけの頻度でシャンプーをしないといけない!という決まりはないのですが、月1回~2回がベストです。皮膚にトラブルがある場合は、獣医さんに相談してシャンプーの頻度やケアの方法を指導してもらうようにしましょう。

高齢の場合や持病などがあり調子がすぐれない場合は無理にシャンプーを行わず体調が良い日を見計らってシャンプーをしましょう。

柴犬のシャンプーの際に準備しておく物

  • 犬用シャンプー
  • 犬用リンス、コンディショナー(シャンプーinリンスの物でもOKですが、分かれている方がおすすめです。)
  • 濡れた体を拭くタオル
  • ドライヤー
  • ブラシ

柴犬のシャンプーの手順

  1. 体を濡らす前に、ブラッシングを行いましょう。
  2. 35℃~37℃に温度調整して、体を濡らしましょう。濡らす順番は、お尻→足→胴体→顔の順番で濡らして、いきなり顔にかけないようにしましょう。(※このときに肛門絞りを行いましょう)
  3. シャンプーで体全体を洗いましょう。特に肉球の間や肢の付け根など洗い忘れがありがちな部分なので忘れないように洗いましょう。マッサージしながら洗ってあげると犬も気持ちよさそうにしてくれますよ!
  4. シャンプーを洗い流しましょう。
  5. リンスorコンディショナーを、体にまんべんなくつけましょう。そして流す時はリンスが残らない様に気を付けて洗い流して下さい。
  6. すすいだ後は、犬に水分をある程度落としてもらいましょう。犬は体が濡れると自然にぶるぶると体を震わせて体の水分をとったり耳には入った水を出したりします。1~3回ほどすればOKです。
  7. タオルで水分をふき取りましょう。ごしごしと強くこすってしまうと毛がもつれてしまったり、摩擦で皮膚に傷がついてしまう恐れがあるので、優しく体に押し付けるように拭き取って下さい。
  8. ドライヤーで完全に乾かしてあげましょう。濡れている所が残っているとニオイの原因になってしまいます。

ドライヤーは近づけすぎないように注意しましょう。

※肛門絞りの方法

柴犬に関わらず、すべての犬種に必ず行ってほしいのが、肛門絞りです。犬の肛門から、時計で言うと8時と4時の位置を、親指と人差し指で下から上に押し上げる様にそして、力を入れすぎない様に優しく肛門側に絞り上げて下さい。

そうすると肛門から分泌液がピュッと出てきます。

・肛門絞りの必要性

肛門絞りの正式名称は「肛門腺絞り」と言います。肛門腺とは犬には肛門の両脇に「肛門傍同腺」という場所があり、そこの中に分泌液が溜まっています。この分泌液はニオイがきつく、衣類などに付くとニオイがとれない!と言われています。

分泌液は、犬によって量や色、ニオイなど個体差があります。この分泌液は排出してあげないと、肛門嚢炎(こうもんのうえん)という病気になってしまいます。

症状は、うんちをする時に痛がったり、肛門周辺が赤くなって、腫れてしまい出血したり、しきりに肛門を舐めたりお尻をこすりながら歩いたりするようになり、症状が悪化してしまうと、溜まった肛門嚢が破裂してしまいます。

犬の先祖のオオカミは、この分泌液を敵から自分の縄張りを守るために自分で噴射する事が出来たのですが、現代の犬はその必要がなくなり、徐々にその機能も衰え、今では自分で分泌液を排泄する事が出来なくなりました。

ですので、そばにいる人間が出してあげなければならないのです。肛門腺絞りは、文章で説明するのは少し難しいので、この記事がわかりにくかった場合、獣医さんかトリマーさんに、肛門腺絞りの方法を教えてもらうのが一番わかりやすいと思います。

肛門腺絞りはシャンプーをする時のついででOKです。

●トイプードルやシーズーのシャンプー頻度

柴犬と同様皮膚に問題が無く、体も健康であれば1ヶ月に1~2回行うのがおすすめです。もし、1ヶ月1~2回のシャンプーでもニオイが気になったり、不潔だなと思う場合は犬用の体拭き用タオルで毎日拭いてあげるとニオイ軽減にもなります。

トイプードルやシーズーの場合、毛がもつれやすいため、ブラッシングは毎日行うようにしましょう。ブラッシングの際、ブラッシングスプレーを使用するとニオイ軽減にもなりますし、毛とブラシとの摩擦軽減にもなり、毛を傷めにくくしてくれますのでおすすめです。

まとめ

  • 柴犬のシャンプーの頻度は月に1~2回程度がおすすめ!
  • シャンプーの頻度は少なすぎず多すぎず!
  • トイプードルやシーズーは毛が細く絡まりやすいので毎日のブラッシングが必須。

柴犬のシャンプー頻度についていかがでしたか?

柴犬はカットの必要がほとんどないので、自宅で簡単にシャンプーする事が出来ます。トリミングに連れて行って綺麗にしてもらうのも、勿論良いですが、自宅で飼い主さんがシャンプーをして体を触ることによって、普段気づかないような犬の変化に気づくきっかけにもなるので、一度試してみて下さいね!

関連記事:子犬の育て方、生後2ヶ月のご飯のあげ方や3ヶ月の留守番のさせ方や時間