貯金の平均金額 20代・30代・40代の男性

貯金箱

あなたはいくら貯金を持っていますか?今日は男性で20代、30代、40代の貯金の平均金額がどれくらいなのかまとめてみました。

男性20代、30代、40代の貯金の平均金額

データは就職情報誌や国税庁の民間給与統計などの数値を参考にしています。あくまで目安となり参考値です。ご了承ください。

電卓

出典:https://www.pakutaso.com

男性20代の貯金の平均金額

  • 平均貯金額【170万円】
  • 貯蓄を持っていない世帯【40%】
  • 毎月の貯金額【17,500円】

20代の男性の貯金の平均金額は170万円くらいといわれています。20代の平均年収は250万円くらいといわれていますので、給料の1割くらいを貯金にまわしている印象です。

ただ、他の世代と比較すると収入がまだ少なめで、若い世代でもあるので貯蓄をしない、あるいは貯金ができないという人も多いようです。

非常に活動的な世代なので、ファッション、車、スマホなどに費用をまわしたりする人も多いのが特徴です。

20代は自己投資に重点を!

20代の男性の場合は、まだ収入も安定せず、将来的にも不安がありますが、貯金よりも自己投資に重点をおいたお金の使い方が良いでしょう。

自分の貯金を増やすマネープランや、自分のスキルアップ、キャリアップを見据えての自己投資にお金を使ったほうが、後々に大きなキャリアや成果を回収する可能性が高くなります。

20代で多くの知識を学び、目標や目的を確認し、そしてそのために実際に行動に落とし込むことをする人は後で大きなリターンを得やすくなります。

自己投資は歳をとってからするよりも、圧倒的に若い時にするべきものです。この点に早く気づくことが人生を大きく変化させるポイントとなります。

20代はセルフコントロールやビジネスを正しく学べ!

自己投資にもいろいろありますが、人生をうまく切り開く能力を身に付けるためには、自分自身を上手にコントロールするためのセルフコントロール術やビジネスに関する正しい情報を常にフレッシュに摂り入れる環境づくりが必要です。

そのために最も簡単で安価なのが、読書です。あなたはビジョナリー・カンパニーという本をご存知ですか?あなたがもし20代でこの言葉を初めて知ったのならばラッキーです。

ビジョナリー・カンパニーは書籍です。ビジネス書の中でも必読すべき良書です。こういった企業の実態を浮き彫りにし、俯瞰から観察する知識を持つことが、今後の厳しい社会で生き残るスキルアップには重要な視点を教えてくれます。

あくまで一例としてこの書籍を挙げていますが、とにかく多くの書籍を読むことはあなたの人生を極端に変えることに繋がることは確実です。自分の人生の目的は何なのかを、明確に言葉やイメージできると飛躍は極端に早くなります。

男性30代の貯金の平均金額

  • 平均貯金額【400万円】
  • 貯蓄を持たない世帯【34%】
  • 毎月の貯金額【2万円】

30代男性は。就職や派遣職など、何らかの仕事に従事している人が大半になりますので、20代のころよりも貯金平均金額も高くなります。

貯蓄を持たない世帯も20代よりも減っている理由は、30代になると、20代よりも収入が少し高くなったり、結婚なども増えはじめることにより、ある程度の貯金を意識するためと思われます。

貯金の平均が415万円ですが、独身で人生においてお金の使い方が明確な人は平均以上なければいけないというものでもありません。あくまで平均は平均であり、お金をどう使うか、どう貯めるかはあなたの人生プラン次第です。

ただ結婚をし子供を育てていく世帯であれば、必然的にライフプランの方向性は決まってきますので、一定のリズムでの貯金は必須となります。

男性40代の貯金の平均金額

  • 平均貯金額【600万円】
  • 貯蓄を持たない世帯【35%】
  • 毎月の貯金額【17,000円】

40代は何かと生活にお金がかかる世代となります。結婚をして子供がいるとすれば、生活費や学費が20代と違って格段に高くなっている世代です。

40代になるとリアルにお金の意識が高くなる理由

当たり前の話のなのですが、40代に限らず貯蓄が少ない人の場合は、圧倒的に収入が少なめであったり支出が多いことに比例します。40代になると貯金金額の意味がこれまでの世代と違い大きく変化していきます。

それは親の介護や自分たちの老後のプランが入ってくるためです。或いは子供がまだ若い場合は大学の費用なども大きな必要事項になります。そのために貯蓄への意識が高くある程度のマネープランがほぼ固まってくるのもこの時期です。

生命保険会社の調査によると、40代の不安には次の内容が含まれています。

  • 公的年金の受給貸し年齢の引き上げ
  • 公的年金の年金額の引き下げ
  • 老後の介護費用への不安
  • 国内経済の悪化
  • 行政サービスの低下
  • 自分の親の介護費用

こうっいった不安が潜在的にありますので、貯金に対する意識が若い頃よりも一段と高くなるのが40代です。独身であればそこまで危機感がないかもしれませんが、この先ずっと独り身ということであれば、なおさらある程度の貯金がないと上記の影響を受けるともとれますので、貯金のプランは重要となります。

まとめ

  • 20代男性の貯金額の平均は170万円
  • 30代男性の貯金額の平均は400万円
  • 40代男性の貯金額の平均は600万円

これはあくまで平均の貯金額です。貯金が多いか少ないかで人生の質が決まるわけではありません。貯金をしすぎて自分のために活かせていない人もいれば、貯金がなさすぎて苦労している人もいます。

貯金の金額はあくまで、あなたのライフプランによって独自に決定される金額と考えます。自分の生活プランにあった貯金ができているのか、今一度見直しをしてみるタイミングなのかもしれません。

若い世代であれば、どんどん自己投資にお金を使いましょう。40代であれば、より具体的に自分のライフプランを確認し、改めて貯金について適切な金額になっているのか検討をしましょう!