家賃は給料の何割が適切なのか調査!夫婦・新婚・一人暮らしの妥当な金額!

コイン イメージ

あなたはこれから引っ越しを予定されている方ですか?それとも家系の見直しを使用とされているのでしょうか。家賃はいったい給料の何割が適切な金額なのでしょうか。

今日は夫婦や、新婚、一人暮らしの方に適切な家賃の金額にフォーカスしてみたいと思います。

家賃は給料の何割が妥当なのか!夫婦や新婚、一人暮らしの適切な金額とは!?

一般的に家賃は給料の何割が良いといわれているのでしょうか。一般的には家賃は『月収の30%くらい』までが適切といわれています。逆にいうと、家賃の3倍くらいの収入がないと生活がかなり厳しくなるということになります。

そもそも本当に給料の3割で大丈夫なのでしょうか。まずは参考までに都会(東京)で人気の非常に高い地域での家賃の相場をチェックしてみましょう。

東京の家賃の相場 一人暮らしの場合(1Kや1DKの場合)

<駅別>

  • 吉祥寺駅 7万円台
  • 早稲田駅 9万円台
  • 中目黒駅 10万円台
  • 恵比寿駅 12万円台

<市区町村別>

  • 中野区 7万円台
  • 新宿区 9万円台
  • 中央区 10万円台
  • 港区  12万円台

東京などの都心の場合、主に一人暮らしの場合は1Kや1DKが主流となりますが、家賃相場としては7万円から12万円くらいが相場となっています。

地域や環境などによっては変動がありますが、大体の相場としてはこのような感じです。地方であれば家賃は4万円くらいからが平均の場所もあります。

東京の家賃の相場 夫婦、ファミリーの場合(2LDK~3LDKなど)

夫婦やファミリーの場合は、部屋の広さはそれなりに必要になります。その場合の家賃相場はこちらになります。

<駅別>

  • 亀有駅 11万円台
  • 六町駅 12万円台
  • 光が丘駅 13万円台
  • 千鳥烏山駅 15万円台
  • 三鷹駅 17万円台

<市区町村別>

  • 八王子市 8万円台
  • 町田市  10万円台
  • 足立区・葛飾区 11万円台
  • 練馬区 12万円台

これらのデータは不動産サイトのランキングなどを参考にしています。あくまで東京で、しかも人気の地域の家賃相場となっています。いずれにせよ、それなりの地域に住むとなると、東京の場合は10万円前後は家賃にかかる計算になります。

給料が一人暮らしでも最低20万円。夫婦やファミリーなら30万円以上の手取りが必須となりそうです。

単純に家賃は給料の30%でいいのか?

単純に家賃が給料の何割が良いのかと考えると、個人的には30%では多いと思います。生活費を何にどれだけ使うのかにもよりますが、やはり給料の25%程度に抑えておくほうが賢明です。

そこで一人暮らしや夫婦の生活費がどの程度なのか相場をチェックしてみましょう。

<一人暮らしの生活費>

家賃(共益費) 7万円+4千円 74,000円
光熱費(電気・水道・ガス)  5千円+3千円+4千円 12,000円
食費  自炊主体  30,000円
スマホ  7,000円
交際費  個人差あり  20,000円
交通費  個人差あり  5,000円
衣類  個人差あり  10,000円
日用品  シャンプーや洗剤他 5,000円
貯金   30,000円
合計 193,000円

<夫婦や新婚の生活費>

家賃(共益費) 10万円+4千円  104,000円
光熱費(電気・水道・ガス)  1万円+5千円+7千円  32,000円
食費  自炊主体  45,000円
スマホ  14,000円
交際費  個人差あり  40,000円
交通費  個人差あり  10,000円
衣類  個人差あり  25,000円
日用品  シャンプーや洗剤他 10,000円
貯金   50,000円
合計  330,000円

ご覧いただいてもわかるとおり、ざっくりではありますが、家賃を30%程度で計算するとこのような内訳になります。実際の生活ともなると、イレギュラーな出費が必ず出てきます。

そうなると、この内訳ですと食費か貯金額を減らすなどして調整をしなければならない人もいるかもしれません。地方であれば家賃をもう少し抑えることが可能です。

夫婦や新婚の方ともなると、夫婦共働きであれば月に40万円以上を稼ぐことが可能ですので、比較的余裕を持って生活ができますが、お子さんが生まれるとなると、安心もできません。

そう考えると、家賃は給料の何割が良いのかと考えると、可能であれば2割から2割5分くらいに抑えておくことが良さそうです。

貯蓄ができる生活を基準にしましょう

豊かな生活を送るためのコツですが、それは貯蓄ができるかどうかにかかっています。

もしあなたが借金を払っていて貯蓄ができていない、あるいは生活の中で無駄がないのか、コンビニでお金を使っていないのか、必要でもないものに無駄遣いをしていないのか、家計の見直しをしておきましょう。

入ってきたお金を全て使ってしまって貯蓄ができないとすれば問題です。借金や遊びでお金を使うということは、それだけ貯金する稼ぎはあるということにもなります。

貯金ができないという場合は、大抵の場合は本来あなたにとって対して必要でもないものにお金を使ってしまっている場合がほとんどです。

何かにお金を支払う際に、あなたは簡単に財布から支払ってしまったり、簡単にカード利用をしていないでしょうか。ひょっとすると、あなたにはお金に対する罪悪感があるかもしれません。

お金に対する罪悪感があると貯金ができない

心理学的な見地から考えると、お金をすぐに使ってしまう人は、お金に対する罪悪感やマイナス感情があるといわれています。あなたはお金に対して次のように思っていませんか?

  • お金を稼ぐのは大変だ
  • お金を稼ぐのはしんどい
  • お金は人を狂わせる
  • お金を求めるのは強欲だ

このような考え方を持っているのは間違いです。お金はあくまで道具に過ぎません。お金が災いを起こすのではなく、扱う人間の側に問題があると不幸になります。

今一度、自分の中にお金に対する罪悪感がやネガティブな感情がないのか確認をしてみてください。

貯金を一番最初にするのがコツ!

貯金の金額を一番最初に確保しておくことがコツです。最低、月にこれくらいは貯金をしようと決めたのなら、まずはその金額を必ず確保するようにしましょう。

専用の口座へ貯金したり、定期預金なども有効です。貯蓄額を確保してから、生活費を使うようにする癖をつけましょう。

まとめ

  • 家賃は給料の何割が良いかというと2割から2割5分くらいがベター。
  • 家賃はできるだけ抑えておくことが、生活の質を高める。
  • 急な出費も予想しておき、普段から貯蓄ができる生活水準を基準にする。
  • お金に対する罪悪感があると、お金が貯まらない。
  • 給料が入ったら貯蓄を最優先に確保する。

家賃の給料の何割かという疑問を持っている人が多いと思います。ありきたりではありますが、家賃は安いに越したことはありません。ただ生活の質が著しく下がるような場合は人生においてどちらに重点を置くのかバランスが必要です。

そして、可能な限り貯蓄がしっかり安定してできる生活スタイルを構築するようにしましょう。それができないと人生そのものが上手くいかない可能性があります。

支出、収入、無駄遣い、お金に対する罪悪感などをチェックして生活そのものの質を高めるように心がけましょう。