ペットの臭いを消す方法 猫編!以外に見落としがちな対策!

猫

猫の臭いが気になるNO.1の臭いは【尿】の臭いだといわれています。飼っている方が一番わかるかと思いますが、猫の尿は臭いです…。一度ついてしまうとなかなか取れません。

今回はそんな猫の臭いを消す方法をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。後半は猫のおしっこについてご紹介しておりますのでそちらも併せて是非読んでみてくださいね^^

ペットの臭いを消す方法 猫編

私も猫をこれまで沢山飼ってきた経験があり、臭いというものに関してはいろいろと思うところがあります。やはり猫を飼っていると飼い主は猫の臭いに鈍感になるんですよね。

でも明らかに飼い主以外の人は猫を飼っている家かどうかは、玄関に入って気づく人がいます。私達が思っている以上に臭い対策には気を使っておそらく丁度よいくらいではないでしょうか。

ここでは猫の臭いに関する基本的な対策から見落としがちな対策までお伝えします。

・おしっこ対策

猫の臭いの一番の元というと、おしっこの臭いです!猫のおしっこの臭いって犬と比べるとかなり強いですよね。

基本的にこのおしっこの臭いを抑えておけば、それほど猫の臭いというものに問題はありません。ですので、猫にいかにトイレでしっかり用を足しもらうかが一番大切になります。

今は猫用のトイレ用品は非常に消臭効果が高いものばかりですので、猫のトイレに関しては市販のセットを使うことでトイレの臭いは大丈夫でしょう。後は気をつけることは、トイレ以外でおしっこをされないようなしつけや対策です。

そのために大切で見落としがちなポイントが次です。

・猫にストレスを溜めさせない

意外に見落としがちな臭い対策が猫のストレスです。特に複数猫を飼っているとわかるのですが、ストレスを溜めているような子はおしっこに関して意外にそそうをしがちです。

寂しくさせるなんてもってのほかですので、注意してください。猫は寂しさやストレスが一定以上溜まってくると、おしっこを所構わずしたり、綺麗にしてくれない傾向があると個人的な経験から感じています。

しっかり愛情を注ぐだけで、猫も行動が変化してきますので、よく観察するようにしてください。

・換気をまめにする

原始的な方法ですが、やはり家の換気をこまめにするようにしてください。臭いは溜まりやすく壁や床などに染み付きやすいものです。換気をするかしないかは以外に差がでます。

・空気清浄機

これは利用されている人も多いかもしれませんが、今どきの空気清浄機も消臭効果があります。猫の臭いに関して、飼い主は鈍感になりやすいものです。来客などはかなりの確立で猫の臭いを飼い主以上に感じるものです。

空気清浄機などのマイナスイオン系のものは個人的にはお勧めしています。

万が一、カーペットや畳、ソファーなどにおしっこをされてしまった時には以下のような対応で掃除をするのがおすすめです。

・カーペットや畳

通常の掃除でペットの臭いが残る場合は、熱いお湯をかけて触れられるほどの温度に下がったら、早めにふき取り、もう一度洗剤で拭いて乾燥させます。

フローリングはもちろん、畳やカーペットなどにもこの方法は使用できます。その後は市販の消臭スプレーなどをかけてみるとかなり臭いは取れます。

・ソファーやお湯が使用できない場所

もし、お湯をかけるのは嫌だったり使用できないような場所でしたら、アンモニアを中和させることができる漂白剤を使用することをお勧めします。

漂白剤を使用方法に基づいて希釈し、タオルを浸して固く絞って使用するようにしましょう!

・猫の臭いを消す方法で一番効果的な方法!

一番効果的な方法は【塩素系漂白剤】を使用することです。ただ、刺激が強く使用した場所を痛めてしまう事がありますので、痛めたくない場所に使用する場合は注意が必要です。

そのような場所に使用する場合は、一度薄めてから使用してみましょう!私用する際は、ペットが舐めてしまわないようにしましょう。

関連記事:猫のしっぽの動きで気持ちがわかる一覧表!あるある行動をチェック!

猫の尿についての豆知識!

猫のおしっこやマーキングやスプレーについて猫はほかの動物にくらべ、体臭が少ない動物です。それは、猫は昔狩りをする肉食動物だったため、体臭を少なくし、獲物に気づかれない様にするためです。

ですが、体臭が少ない分その臭いをおしっこやうんちで排出しているために、猫のおしっこが臭いという事なのです。

その上、猫は元々砂漠などの水が少ない場所に住んでいた動物だったので、少量の水でも長く生きれるように、1回のおしっこの量を少なくする必要があり、量を少なくするには濃いくする必要がありました。

その体の仕組みが現代の猫にも備わっていて、おしっこがかなりきつい臭いになっているのです。それぞれの環境で生き抜くために作られている体ってすごいですよね…。

そして、マーキング・スプレー行為についてですが、家の中でされると臭いも付きますし消す方法は知っているけど、気分的にもあまりよろしくないですよね…。

そもそも何故マーキングやスプレーをするのか?猫は自分の存在をアピールするときだけではなく、不安な時にもしたり、リラックスをしている時にしたりと猫によって、マーキング行為の方法は違ってきます。

おしっこをかけるだけがマーキング行為とは限りません。家の物や人に猫の顔をなすりつけて来るのもマーキングの一つです。この行為の場合はリラックスをしている時です。

又、スプレーにつきましては、オス特有の行動であり特に去勢手術されていない猫に多く見られる行為です。

このスプレーとは、不安な時や、自分とは違う猫が家に来たり、自分の縄張りに入ってきたりしたとき、発情期のメス猫を呼びよせる時などに、いつもより濃いおしっこをかけることをスプレーと言います。

スプレーを辞めさせるには、去勢手術が一番効果的ですが、中にはそれでも治らない子も居ます。

その場合は、スプレーをしてしまう原因が何かを探る必要があります。なにか、猫に不安にさせるような事をしていませんか?最近新しい猫を飼いましたか?

トイレはこまめに掃除をしていますか?何か少しでも【もしかして?】と思う事があれば、改善する必要があります。

・おしっこをトイレ以外の場所でする場合

トイレを中々覚えてくれない、覚えているけど数回に1度は失敗してしまう。など、猫を飼っている方の中ではこんな悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

猫は綺麗好きな為、犬よりトイレのしつけが楽だと言われていますが、それでも中には度々失敗してしまう子もいます。

チェックしてほしい項目

  1. トイレは人通りの少ない場所に置いてありますか?
  2. トイレは汚れていませんか?
  3. トイレで一度もしてくれない場合、トイレの種類は変えてみましたか?
  4. トイレの砂は猫の好みですか?

① につきまして、人間もそうですが、人通りが多いところにトイレがあると用をたしにくいですよね。

猫も同じです。落ち着かない場所にトイレを置いてしまうのはNGなので、もし、そうなのであれば場所をおちついてトイレが出来る場所に変えてみましょう。

② につきまして、猫は綺麗好きなので、トイレが汚れているとソコでしたがりません。普段はトイレでするのに、たまに別の場所でする場合は、トイレを頻繁に掃除するようにしてみましょう。

③ につきまして、今まで一度もトイレでおしっこをしてくれない場合、トイレの形状が好みではないのかもしれません。猫のトイレのタイプは大きく分けると、囲いがついているタイプと開けているタイプがあります。

今置いているタイプが好みじゃない可能性があるので今とは逆のタイプのトイレを購入し設置してみて下さい。

④ につきまして、トイレの砂も、トイレと同様にタイプが違います。今はお試しパックなどの小さな袋に入った物も販売されている所があります。そういった物も活用し、猫に合ったトイレの砂を探しましょう。

砂が嫌な子もいます。そういう場合は、犬用のトイレシートを置いてみて下さい。実際にトイレシートの上でしかしない子もいますよ^^

まとめ

  • ペットのニオイを消す方法(猫)で、市販されているスプレーを使用するだけは、効果はない!
  • ペットのニオイを消す一番の効果的方法は、塩素系漂白剤ですが、扱いには十分気を付ける必要があります。
  • 猫にマーキングやスプレーをされた場所のニオイはすぐに拭き取りをしないと中々取れない!

ペットのニオイを消す方法、猫編についていかがでしたでしょうか?猫のおしっこが臭いのは猫が狩りをする動物で、体臭を少しでも減らすためだったのですね!確かに、犬とは違って長い間洗わなくても臭いと思う事があまりなかったような気がします…。

ペットのニオイをとる時はまず、基本の中性洗剤やアルコールなどで一度ふき取った後、市販で売られているペット用消臭剤などで拭き取ると言う事をしてみましょう!これだけでもある程度のニオイは消えますよ!

猫をできるだけ元気で長生きさせる方法!これだけで寿命が3歳はアップ!