ミニチュアダックスの寿命や亡くなり方。見送る飼い主の心構えについて

ミニチュアダックス

大人気のミニチュアダックスは飼っている方も沢山いると思います。ミニチュアダックスの寿命やどのような亡くなり方をするのかなど、あらかじめ知っておきたいと言う方も沢山いらっしゃるそうです。

今回は、ミニチュアダックスの寿命や、亡くなり方(亡くなる直前)についてまとめている他、ミニチュアダックスがかかりやすい病気などをご紹介していますので、是非参考にしてください。

ミニチュアダックスの寿命や亡くなり方の事例

ミニチュアダックスの寿命について

犬の平均寿命は10~15歳といわれていて、小型犬は大型犬や中型犬に比べると、寿命が長いです。あくまで平均寿命ですので、飼い主さんの飼育方法で寿命は大きく変わってきます。

ミニチュアダックスの平均寿命は13歳前後といわれていて、最も長生きしたミニチュアダックスの年齢は22歳です。老化で亡くなってしまう場合もありますが、やはり病気で亡くなってしまうケースの方が多いようです…。

ミニチュアダックスの長寿の秘訣

  • 健康診断に定期的に行く。

健康診断は病気の早期発見、早期治療につながります。高齢になるほど、治療は体の負担になりますので、若い時からの定期的な健康診断は受けておきましょう。

  • ドックフードを歳相応のフードに変更する。

高齢になるにつれて、食事の量は減ります。少量でも栄養価が高いドックフードを与える必要がありますので年齢にあったドックフードをチェックしておきましょう。

  • 無理をさせない。

今まで平気だった散歩コースは歳をとるにつれて、つらくなってきます。

高齢になればなるほど、運動量も減ります。ですが家でじっと過ごすことはストレスにもなります。ですので、高齢犬になると、1日の散歩の回数を増やし、1回の散歩の距離を縮めるなどの対策が必要になります。

  • ヘルニア予防

ミニチュアダックスが最もかかりやすい病気といわれている、椎間板ヘルニア。椎間板ヘルニアは進行すると歩行が困難になります。痛みや、運動不足はストレスになり寿命を縮めてしまう可能性が高いので、腰や首に負担がかからない様、子犬の頃から予防はしっかりしておきましょう。

ミニチュアダックスが亡くなる前に見せる行動

  • 散歩に行きたがらない

今まで散歩が大好きな子だったのに、亡くなる少し前から散歩に行きたがらなくなることが多いといわれています。

  • 食事を食べない。

今まで食事が大好きな子でも、亡くなる数日前くらいからごはんを食べたがらないことが多いといわれています。

  • 寝ていることが多くなる。

高齢になるにつれて、寝ている時間が長くなりますが、亡くなる前はのこの傾向が強くなります。

  • 焦点が合っていない

一生懸命顔をあげて、音のする方や飼い主さんの方を見ようとするのですが、焦点が合っていない状態になってしまいます。

  • 体温が下がる

亡くなる前に、体温が下がる子は多いそうです。

  • 下痢

多くの場合亡くなる直前起き上がれない状態であっても、下痢をします。

関連記事:室内で飼いやすいペット特集!人気のペットの価格や特徴!

ミニチュアダックスのかかりやすい病気や亡くなった後について

ミニチュアダックスのかかりやすい病気

動物病院 イメージ

出典:https://www.irasutoya.com/2016/02/blog-post_72.html

  • 椎間板ヘルニア

激しい運動や、肥満、老化が主に原因で椎間板ヘルニアになってしまいます。若いうちから(2~7歳頃から)発症してします子もいます。

激しい運動は避け、健康体型を保つ事は重要な予防になりますので、しっかりと愛犬の健康管理をしましょう。

  • 糖尿病

糖尿病の原因は遺伝的な要因、肥満など様々な要因が重なって起る病気です。詳しい原因は分かっていませんが、肥満体形にならないように、体型管理をきちんと行いましょう。

  • クッシング症候群

脳下垂体の過形成や腫瘍、副腎皮質に出来た腫瘍によって、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されてしまう事が原因で起ります。主に発症しやすい犬種の中に、ダックスフンドもあげられていますので、要注意な病気です。

早期発見・早期治療が重要と言われていますので、定期的な健康診断には必ず行くようにしましょうね。

ミニチュアダックスが本当に息を引き取る前の状態

ワンちゃんが息を引き取る前にはどのような状態になるのかというと、これはそのワンちゃんによりけりです。眠るように安らかに亡くなる子もいれば、ちょっと苦しそうにバタバタしてしまう場合もあります。

これは飼い主さんにとって本当に厳しい試練です。私もこれまで何度もかわいい子達を見送ってきた経験があります。本当にそれは辛いものです。しかしあなたが飼い主である以上、その子をしっかりと最後まで看取ってあげる義務があります。

お仕事へいかなければならず、寄り添ってあげられず心配な気持ちでいる場合もあるでしょう。

大変かと思いますが、これまであなたに沢山の喜びを与えてくれたその子に、感謝の気持ちを持ちながらそっと寄り添い見送ってあげましょう。

愛犬が亡くなってしまって、悲しくてどうしたらいいのかわからない人へ

まず、悲しみは押し殺さずに素直に出しましょう。我慢する必要はありません。愛犬との沢山の思い出を思い出して、思う存分悲しんでください。そして、早く立ち直ろうとして頑張らない事です。これには家族の協力も必要です。

悲しんでいる姿を見るのは苦しいと思いますが、何も言わず見守っている事も大切です。ただ、全く動かないのは、自身の体にも悪いので最低限の運動(布団をたたんだり、少し移動したり、そういった事だけでもOKです)はするようにしましょうね。

近くに同じ悲しみを持っている方がいる場合は、そういった方に打ち明ける事も大切です。そして、愛犬が亡くなる前に覚悟をしておかないといけない事は、犬は自分より先に亡くなるケースの方が多いと言う事です。

飼う際には、自分より先に亡くなってしまう覚悟を持って飼いましょうね。

参考:ワンコネット

まとめ

  • ミニチュアダックスの平均寿命は10歳~15歳ほどですが22歳まで生きたミニチュアダックスも居ます!
  • 寿命はあくまで平均です!愛犬を少しでも長生きさせたいのであれば、普段から健康管理はきちんと行いましょう!
  • ミニチュアダックスは肥満体形になりやすいです。肥満は万病の元と言いますので、愛犬の体重管理もきちんと行う事が大切です。

ミニチュアダックスの寿命や犬の亡くなり方についていかがでしたでしょうか?愛犬の健康診断は重要性が高いです!なので、最低でも1年に1回は愛犬の健康診断に行きましょう!

そして平均寿命はあくまで平均です。先天的な病気は防げません。平均寿命よりも早く亡くなってしまっても自分を責めないでください。そして、少しでも長生きをしてもらうためには、飼い主さんの協力が必要です。

健康管理は最低限行いましょうね!あなたと愛犬が少しでも長い間一緒に過ごせることをお祈りしています!

関連記事:犬好きな芸能人はこんなにいた!ワンちゃん特集!