マルチーズの冬や夏のおすすめカットや注意点!かかりやすい病気情報!

マルチーズ

白くて綺麗な毛並みが特徴なマルチーズ。飼っている方も沢山います。飼い主さんの中には、せっかく綺麗な毛なのだから、カットも可愛く!と思っている方もいらっしゃいますが、フワフワしていている毛は暑そうで、夏が心配だという飼い主さんもいらっしゃいます。

そんな飼い主さんに、マルチーズの夏カット、冬カットについてご紹介していますので、是非参考にしてください。また、記事の後半ではマルチーズの病気などの事について触れていますので、そちらも一緒に是非ご覧になってくださいね!

マルチーズの夏や冬のおすすめカットや注意点

マルチーズの夏シーズンカットについて

シングルコート(毛の生え代わりがない)のマルチーズは暑さに弱いです。気温の変化によって生え変わることがないマルチーズにとって、暑い夏の間でもあのふわふわな毛質のまま過ごさないといけません。

夏の間、少しでも快適に過ごせる方法の一つが夏用のカットです。他にも、毛を短くすることで生じるメリットは、お手入れが楽になることです。毛玉ができにくくなるほか、蒸れにくくなるため、少しでも長く清潔に保てるという事です。

マルチーズの夏シーズンカットについての注意点

夏用にカットする=短くカットするという事ですが、短すぎるとかえって危険な場合があります。犬の毛は直射日光から体を守って、暑さを遮断する効果があります。

1mmや2mmでのカットなど、短すぎると紫外線を肌に直接あびることになり、余計体温が上がってしまいます。又、虫やダニに刺されやすくなります。

夏に短くカットする場合は、直射日光を浴びさせないよう、虫に刺されないように服を着させてお散歩に行くようにしましょう。最低でも3mm程度は毛を残してあげるようにしましょうね。

マルチーズの冬シーズンカットについて

冬は夏のカットよりも長く毛を残してあげるようにしましょう。ですが、現代では犬用の服が沢山売られていますので、短くカットしても服を着させて体温が下がる事を防ぐ事も出来ますよ。

マルチーズの夏・冬カットスタイルについて

・テディーベアカット

マルチーズ

出典:https://petnookusuri.com

テディーベアのように全身の毛を残し、顔の周りの毛をふさふさと残すようなカットです。テディーベアカットは、見た目は凄く可愛いですが、毎日の手入れに手間がかかります。もつれない様に
毎日ブラッシングをしてあげましょう。

・ライオンカット

体は短くカットし、顔の周りや足の周り、しっぽに毛を残すようなカットです。体部分を短くカットするのでお手入れの手間は省けますが、体の毛を短くするので、夏の紫外線などには要注意です。

・パピーカット

子犬みたく、顔や耳などを丸くカットし、目、口周りは短くカットする方法です。目の周りの毛を短くするので、涙やけを予防できますが、毎日の手入れに手間がかかります。少しでも手間を省くために最近では少し短めのパピーカットが流行っているそうですよ!

関連記事:ミニチュアダックスの寿命や亡くなり方。見送る飼い主の心構えについて

マルチーズの夏の散歩・冬の散歩、マルチーズのかかりやすい病気などについて

マルチーズの理想的なお散歩の方法

夏の散歩

夏用カットをしている場合は、服を着させてお散歩に行きましょう。お散歩の時間は日中は避け、早朝、夕方の涼しい時間帯に行くようにしましょう。

アスファルトは熱くなっている場合があります。散歩に行く前にアスファルトをさわって歩ける程度の熱さかチェックするほか、できるだけアスファルトは避けて歩く様にしましょう(芝生や土の上など)

お水は常時持って行くようにし、お散歩の合間に飲ませるようにしてください。

冬の散歩

マルチーズは暑さにも弱いですが、寒さにも弱い犬種ですので、冬場の散歩にも注意が必要です。特に寒暖差に弱く、温かい部屋から寒い外に連れて行く場合は、散歩に行く前に廊下や、玄関に待機させ、寒さにならせましょう。

そして犬用の服を着させて散歩に行くことをお勧めします。そして、できれば比較的暖かい日中にお散歩に行きましょう。長い時間寒い空気に触れさせていると、体調を崩す場合もありますので短い時間で1日何回かにお散歩を分けていく必要もあります。

マルチーズのかかりやすい病気

犬

出典:https://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_15.html

眼瞼内膜症

瞼が内側に巻き込んでしまう事により、まつげが目にあたってその刺激が原因で目やに・涙が増えてしまう病気です。まつ毛が目に入り、目をこすってしまうため、角膜炎や結膜炎にもなる可能性が高いです。

まつ毛を抜くことで、目にまつげが入らないようにすることもできますが、場合によっては内反した瞼を手術で治療する場合もあります。

水頭症

脳室に脳脊髄液が流れ、脳が圧迫されてしまう病気です。薬で治療することは可能ですが、先天性の場合が多いので、予防することが困難な病気です。元気がなくなり、覚えが悪く、歩き方がおかしい、転びやすくなったなどの症状がみられる場合は早急に病院へ連れて行きましょう。

僧帽弁閉鎖不全症

心臓の右心室と左心室の間に、血液が逆流するのを防ぐ弁があります。その弁が変形してしまったり、分厚くなってしまう事で、本来の役目を果たすことができなくなってしまう病気です。
特に高齢な犬に多く見られる心臓の病気です。

進行すると肺水腫も合併する可能性があるので、頻繁に咳が出るようになった、疲れやすくなったなどの症状がある場合、早急に病院へ行きましょう。

膝蓋骨脱臼

犬の後ろ脚にある足のお皿がずれてしまう病気です。痛いので、足を引きずったり、足を浮かせるように歩くなどの症状がみらえれます。見るとすぐにわかる症状なので、こう言った症状がみられる場合は病院へ行きましょう。

普段から、足に負担をかけないよう、床がフローリングの場合は、滑り止めを引いておくなどの配慮をしましょうね!遺伝的疾患の場合もあります。その場合は予防が困難です。

参考:わんちゃんホンポ

関連記事:坂上忍の吠える犬のしつけが意外な高評価とその理由!?

まとめ

  • マルチーズの夏カットは短すぎると、直射日光を浴びてしまったり虫に刺されてしまいやすくなるので要注意!
  • マルチーズの冬カットは、短くカットしても服を着せてあげたり、防寒対策が出来るのであればOk!
  • マルチーズに多いと言われている病気については、先天性の物もあり、予防が困難な物もある。
  • 定期検診に行くことで、早期発見、早期治療が出来ることがあります!

マルチーズの冬や夏のおすすめカットや注意点!についていかがでしたでしょうか?

夏のカットは短くしすぎると返って逆効果な事があります。夏のカットは信頼できるトリマーさんとしっかり相談しましょう!そして日中のお散歩は避け、部屋の温度を26度前後に保つようにしてあげる事で、それほど短くカットしなくても、夏を快適に乗り越えられるでしょう!

冬につきましては、短いカットをする場合は、防寒対策をしっかり行いましょう。マルチーズは、暑さに弱いですが、寒さにも弱いです。飼い主さんがしっかりと部屋の温度を管理したり、配慮する事で快適に過ごす事ができますよ!