相手を傷つけない上手な告白の断り方

女性

告白されてもどうしても相手に興味が湧かない場合、付き合う訳にはいきませんよね。でもせっかく勇気を出してくれた人に対して断るのは、心苦しい事です。傷つかない断り方があるのであれば、知りたい…。

そんな方へ、傷つけない告白の断り方をまとめていますので、是非参考にしてください!

告白で相手を傷つけないための断り方とは?

●傷つけない断り方その①職場の人から告白された場合

毎日顔を合わせる職場の人だからこそ、上手に断って仕事に支障が出ない様にしたいですよね。そんなときは断る時に、あなたみたいな仕事も出来て、素敵な女性に告白されて凄く嬉しいですなどと、相手のいいところを褒めてあげると、断られたショックも少し減るでしょう。

願わくば、今まで通り良い仕事仲間のままで居たいと言う事も伝えましょう!

●傷つけない断り方その②仲が良い友達に告白された場合

仲のいい友達から告白された場合、この先も今まで通り、仲のいい関係を続けたいですよね。断ってから少しの間は今まで通りというわけにはいかないかもしれません。ですが傷つかせない断り方をすれば、振られた傷を早く修復する事が出来ます。

この場合、「これからも仲のいい友達関係で居たいから、ごめん」という風にシンプルに気持ちを伝えましょう。

●傷つけない断り方その③後輩から告白された場合

後輩の場合、きっとあなたの事を頼れる素敵な方と思ってくれていると思います。断った後でも今までのような関係で居たいのであれば、その頼れる素敵な方というイメージを崩さない様に、上手に断る必要があります。

このような場合は、気持ちには答えられないけど、今まで通り何かあったら相談してきてねと、自分はいつでもあなたの味方だよという事をアピールしておくと、相手の方も今後頼りになるというあなたのイメージを崩さないで、あなたと接してくれるでしょう。

このとき、告白された相手が後輩女性の場合、「妹にしか見えないから」と断るのはNGです!女性にもプライドがあります。そのプライドを傷つけてしまうことになります。告白された相手が後輩男性の場合も同じですので、思っていても口に出さない様に気を付けましょう。

●傷つけない断り方その④元カノ・元カレから告白された場合

別れてしまったけど、もう一度付き合ってほしいと告白された場合、今後復縁する気はないときちんと伝えなければいけません。傷つけるからと言って返事をあやふやにしないで、気持ちには答えられないとはっきり断るようにしましょう。

このように、告白を断る場合、感謝の気持ち(好きになってくれてありがとうなど)+謝罪(でも、あなたの気持ちには答えられない)と言う事を丁寧にはっきりと伝えましょう。

付き合えないという言葉だけだと、せっかく勇気を出して告白してくれた相手に失礼ですので、必ず告白してくれてありがとうや自分の事を好きになってくれてありがとうと言う事を付け加える様にして下さいね!

関連記事:中学生の女子から告白を成功させるタイミングや方法!

~告白を断る方法はメール、LINEがいい?直接が良い?~

女性 携帯電話

出典:https://www.pakutaso.com

告白をしてもらった方法がメールやLINEなどの場合は、メールやLINEで返信してもOKですが、直接告白してくれたのに、その返事がメールやLINEは失礼です。直接告白された場合は告白された側も直接返事をするようにしましょう。

また、メールやLINEで告白された場合でも、直接会ってごめんなさいと伝える方法でもOKですよ!メールやLINEは文章が残ってしまうので、嫌だと言う方も居ます。

~告白を断るベストタイミングは?~

告白を断る時、タイミングを考えてほしいという方は沢山います。例えば、上記にも記載しましたが告白をされてから返事が1ヶ月以上も先になると、告白してくれた方はその期間ずっともやもやしたままの時間を過ごさないといけません。

待った時間を返して!!と怒られない様に、返事は早めにしましょう。まず、告白された時点で返事が決まっている場合はその場で断るようにしてください。まだ迷っている場合は、遅くても1週間以内には返事が出来るように考えましょうね。

告白を断るにあたって絶対してはいけない断り方について。

~告白を断るにあたって絶対してはいけない断り方~

・告白をかわそうとする

冗談でしょ!などと告白を曖昧にしてしまうような事は決してしてはいけません。確かに告白をされたら信じられなくて一度は冗談では?と思ってしまうかもしれません。

ですが、いつになく真剣な感じで、好きだと伝えて来た場合はこちらもきちんと真剣に返事をしてあげましょう。

・告白を保留にする

告白をしてきたときに、自分の中で断ると決めている場合は返事を待たせるような事はせず、きっぱりとその場でお断りをしてください。付き合うか付き合わないか本当に迷っている場合は、出来るだけ早めに返事をするようにしましょう。

待たせる期間が長ければ長いほど相手の方が「待たされた時間を返して!!」と怒ってしまいます。

・気持ちは素直に伝えない

好きな人がいるという事は伝えてもOKですが、あなたは自分のタイプではない、○○だったらつきあっていたなどの気持ちは絶対に伝えない様にしましょうね。相手が傷つかない為に付く嘘は時には必要なのです。

他にも、仕事との両立が難しいからなどの理由でも相手が傷つきにくい断り方です。本当にしても嘘にしても「あなたは私の好みではない」と言う風な言葉を伝えるよりは相手の心の傷の深さが違います。

まとめ

  • 告白されたとき、相手を傷つけない断り方は告白された相手によって言葉を選ぶこと。好きになってくれてありがとうという気持ちを伝える事!
  • 告白をされてから最低でも1週間以内に返事をする事。長期間待たせるような事は絶対にしない!
  • タイプじゃない、冗談言わないで!などの言葉は言わない事!

相手を傷つけない上手な告白の断り方についていかがでしたでしょうか?告白を断ってしまう事自体相手を傷つけてしまう事です。

それ以上に傷つけるような事をしてしまうと、嫌われてしまう可能性が高いですし、相手にもダメージを与えてしまう事になるので、告白を断っても以前のままで居たいのであれば、言葉をきちんと選ばなければいけません。

そして勇気を出して告白をしてくれた相手に感謝の気持ちもきちんと言葉にして伝えることが大切です。

関連記事:片思いに疲れた女性必見!脈なしかどうかの見極め方や諦め方!