ガーデニング初心者におすすめの土作りのコツや処分方法や注意点!

ガーデニングを始めたばかりの初心者の方やガーデニングのベテランの方まで、気になっているけど、どう対処したら悩むのが、「土作り・処分方法」です。

今回はガーデニングを続けていくにあたって、初心者から知っておきたい土作り・処分方法を紹介します。

ガーデニング初心者におすすめの土作りや処分方法などのコツ!「土作り」と難しく感じますよね?

厳密にいうと難しいのは正解です。初心者ではなくても一から土作りをするのは難しいです。今回は、栽培に適する環境に近づけるための土作り(土壌改良)を紐解いていきたいと思います。

はじめて植える場所の場合

ご自宅のお庭や花壇に初めて植える場合、土の状況がどうなっているかを知る作業が必要となります。

専門家の方が施工したお庭であれば花壇の中は植物用の培養土が入っている場合もありますが、建物だけの施工だけでお願いした場合のお庭や花壇には改良が必要な土が入っていることが多いです。

① 掘り起こし作業

まず、行っていただきたいことの一番目は「掘り起こす」ことです。どんな環境にあるかを知るために、土の中に小石やがれきなどがないか?あった場合は取り除く作業が必要になります。

② 土の固まりを砕いて、粗目に整地したあと、堆肥や腐葉土などの有機物を施します。

③ この後に、植え付ける植物の栽培環境に合う内容で花壇づくりや植栽に適した環境作りを行います。

例)ブルーベリーを植える場合であればピートモスを施すなど。

水はけに問題がある場合

① 水はけがどのような状態かを確認する。

例)雨の後、水たまりがいつまでもあるか、コケなどが生えているか、野生の草花の生育がどうなっているか?など。

② 以下土壌の土質的な要因によって対処方法が異なります。

砂地の土壌の場合

水はけがよすぎるぐらいの砂地の場合は、この中に肥料をいれても流れ出る可能性が高く、その場で留まることはできません。根も張りにくく、生育環境に問題があるため土作りが必要です。

対象方法としては、腐葉土や堆肥を入れ、その中にバーミュキュライト・ゼオライトなどの土壌改良に効果のある資材を入れると良いです。その中にさらに粘土質な土、赤土や黒土などを施すとより効果的です。

初心者の方には難しいかもしれませんが予備知識としてご参考ください。

粘土質の場合

粘土質でかつ、瓦礫や石が多量に場合は、排水処理の必要性があります。

耕すのに時間がかかります。堆肥・腐葉土・パーライトを使い改良する方法もありますが、量を必要とする場合が多いです。私の場合であれば、土を総入れ替えする方法を選びます。

なぜなら、土作りに使う資材の料金と入れ替えする土の料金に差がないことが多いからです。

(その際の土の処分方法は下方ある「土の処分方法」を参考ください。)

また、ガーデニング初心者だけでなくベテランの方でも掘り起こしが難しい場合はプロの方にお願いすることもあります。重機を使い掘り起こし、「暗渠排水」(パイプを使い排水の出口を作る作業)を行う例もあります。

*畑などの土地を分譲のために整地した場合、埋め立てするために石など多量に入っている場合があります。

使い古した培養土の場合

ガーデニングをはじめてしばらく経つとこの問題に直面します。最近はホームセンターに「土のリサイクル材」が販売されており、この資材を混ぜ、天日干し殺菌をする方法もあります。

しかし、資材を混ぜる前に土をふるいにかけ、細かく根やクズをわけて取り出すため、初心者の方は重労働です。使い古した培養土の量にもよりますが、土を新しい培養土に入れ替えるほうが簡単かもしれません。

用土の種類を知って、土作りに役立てよう!!

ガーデニングをするにあたって、用土の種類がたくさんあるのにお気づきだと思います。いくつもの種類はありますが、初心者の方でもよく耳にするものだけを選抜してお伝えします。

【赤玉土】

関東地方に多くある粘土質の赤褐色の火山灰土の赤土を乾燥させ、ふるいにかけ、ゴミや塵を取り除いたものを赤玉土といいます。保水性・保肥力に優れているため、ガーデニングで使う基本の土となります。

*肥料分はほとんどありません。

【鹿沼土】

栃木県鹿沼市付近で産出される淡黄色で軽石状の火山灰土です。酸性のため、酸性を含む植物や挿し木用としても用いられます。

【腐葉土】

広葉樹の落ち葉を堆積発酵させたものです。選ぶ際、枝などが混入しているものはさけて購入しましょう。赤玉土と混ぜて土作りをすることが多いです。

【ピートモス】

寒冷湿地帯のミズゴケが堆積し分解したものです。酸性で、保肥力・保水性に優れているが、乾燥してしまうと吸水性が悪くなります。

【培養土】

あらかじめ植物に合わせた土と有機物を混合した初心者の味方の用土のことです。この培養土を用途に合わせて調整することが、現在のガーデニングでは主流になってきています。
もちろんそのままでも利用することは可能です。

しかし、粗悪品も多く存在しており、品質表示をしっかりみてから判断して購入してください。粗悪品の価格が安いからといってそれを購入し、生育に失敗する初心者のかたもいらっしゃいます。

関連記事:ガーデニング 夏の花壇におすすめの花たち!

ガーデニング:土の処分方法

まず絶対にやってはいけないことは、「土だから山へ返しちゃおう!!」は不法投棄になりますし、自然環境を破壊する恐れもあるため絶対にやってはだめです。
各自治体によって処分の仕方や分別方法が違うのが現状です。

一般ごみとして処分することが多いですが、大量に処分しなければならない場合は各自治体に相談してください。また、近年のガーデニングブームもありホームセンターなどで引き取るところもでてきました。

どの店も行っているわけではありませんので確認が必要です。

まとめ

  • 土の今の状態を知りどの対処法が適しているか判断しましょう。
  • 用土の特性を知り、保水性・保肥力・水はけを意識してみましょう。
  • 土の処分方法を理解し適切に処分しましょう。

土作りには用土以外にも肥料が必要となります。有機肥料や化成肥料などほかにも種類はたくさんありますが、即効性のあるタイプと緩やかに効く緩効性のタイプとあります。

また、それぞれの植物により種類や与える時期などが違うことが多いので注意してください。自然界では土壌からの養水分を経て生育するのが当たり前ですが、ガーデニングではそうはいきません。

世話をする側の負担もありますので、培養土を活用しつつ良い土作りを意識してはいかがでしょうか。

関連記事:ベランダガーデニング初心者におすすめなハーブや野菜!注意点やコツ