犬が噛む理由やその他のしぐさや行動の意味とは!?上下関係とその構築の仕方!

犬

最近愛犬が自分の事を急に噛むようになったり、小さいころからの噛み癖が今もずっと続いていたりしませんか?実は、この噛み癖はしつけをしないまま放っておくと、大変なことになってしまいます。

今回は、犬の噛み癖、噛む理由などをご紹介していきますので是非参考にしてください。

犬が噛む理由にはどんなものがあるの?

犬が噛む理由とは?

犬が人間を噛んでしまうのには、いくつかの理由があります。噛む理由①子犬の場合は歯の生え変わりの時期で、歯がゆさを和らげようと、人間だけではなく物を噛んでしまう事があります。

~解決法~

人間や噛んではいけない物を噛もうとしていたら、おもちゃや犬用ガムを与えて下さい。痒いから仕方ないと放っておくと、噛み癖がついてしまいます。

噛む理由②

犬を撫でたりしている時などに噛み付かれてしまう場合、犬は遊びの一環で噛み付いていて、犬自身攻撃心があり噛み付いているわけではないという事です。ですが、犬がそのつもりはないんだなと放っておかず勿論しつけをきちんとする必要があります。

~解決法~

遊んでいる時に噛み付いてきた場合、ダメ!などと声をかけたり大きな音を鳴らしたりしてきちんと叱り、噛まれた瞬間、遊びを辞めましょう。

噛む理由③

自分や縄張りを守ろうと噛み付くことがあります。この場合は飼い主さんより、見知らぬ人の方が被害にあいやすいです。この場合も飼い主さんがきちんと対処をする必要があります。

~解決法~

知らない人に対して噛み付かないようにするしつけというものは難しいです。他の人に合わせない事が一番なのですが、それはどうしても無理だと思いますので、出来るだけ遠ざけるなど、飼い主さんが気を付ける様にしてください。

そして、こうなってしまう前に、小さいころから沢山の人間と触れ合わせ、かわいがってもらう事で他の人間に対しても警戒心がなく接する事ができ、自然と人間を噛まない犬に育てることが出来ます。

噛む理由④

嫌な事をされたなどの怒りや、興奮して噛み付く場合があります。犬にとって嫌な場所を触られた、嫌な行動をされた、興奮している時に人間が手を出してしまい噛んでしまった。などのケースは少なくありません。

~解決法~

犬にとって嫌な事はその都度理解し、出来る限りしない事。所有物やごはん、おやつなどを摂られると噛むという子が多いですが、小さいころからエサを食べている時に器の中に手を入れて慣れさせたり、おやつは毎回良い事をしたときにだけ与えるなど、警戒心を作らない様に育てる必要があります。

爪切りやシャンプーなど、どうしてもしないといけない事を嫌がり噛んでしまう場合は、口輪をする、あるいはトリマーさんに「噛む恐れがある」と伝え、了承を得た上で、任せるなどの方法をとって下さい。

噛むからと言って、途中で中断してしまうと「噛むと辞めてくれる」と認識してしまい、他の事でも噛み付くようになってしまいます。

関連記事:柴犬のシャンプーの頻度や方法を調査!トイプードルやシーズーや他の犬はどうなの?

犬との上下関係は必要なのか?方法は?

しつけを行うときに一番大切な事が、上下関係です。犬には、先祖オオカミの時代から、弱い物は強い物に従うという本能が受け継がれてきています。

犬が飼い主さんの事を「リーダー」と認識しない限り、自分より位が下とみられてしまい言う事を聞いてくれなくなってしまいます。ですので、上下関係はしっかりと築き上げておきましょう。そうすると自然と犬と人間との信頼も築けていけます。

まず、今現在あなたが「リーダー」だとしっかり認識しているかを確認しましょう。

① 名前を呼ぶとすぐに来るかどうか。

一度呼んだだけで、すぐに来るかどうかを確認しましょう。何回も呼ばないと来ない場合はしっかりと上下関係が築けていないという事です。

② 口元や足を触らせてくれるか。

この場所は犬にとって敏感な場所ですので、上下関係や信頼関係がきちんと築けていない場合は触らせてくれません。

③ お腹を見せてくれるかどうか。

犬にとってお腹は最大の弱点です。なので信頼していない人にはお腹を見せようとはしません。犬を足の上で仰向けに寝かせてください。そのままおとなしくしていれば上下関係がきちんと築けています。

嫌がってしまう場合はまだ、上下関係がしっかりと築けてないという事です。

④ 指示を出したら一度で従うかどうか。

お座りやマテなどの指示を出し、一度で従った場合は上下関係が築けているという事です。何回も言わないと聞かない、もしくは一度も聞かない場合は上下関係がきちんと築けていないという事です。
何かに夢中になっている時に呼ぶと来る場合はより高い上下関係が築けている証拠です。

この中の一つでも当てはまらないものがある場合は、上下関係がきちんと築けていないという事になります。

上下関係をうまく築いていく方法

上下関係とは強い、弱いという単純な事ではありません。この人は正しい!この人に従っていれば危険な事はない!という事を犬が認識して初めて上下関係が築いていけるのです。なので、力などで上下関係を築こうとしても逆効果なのです。

では、どうやって上下関係をうまくコントロールすればいいのか…。

・愛犬の性格を知りましょう。

愛犬がされて嫌な事はしっかりと把握して、出来るだけ嫌な事をしない。・しつけは子犬の頃から始めましょう。すでに成犬の場合や、自分がリーダーだ!という事を認識してしまっている場合
特に認識させることが難しくなってきます。

・生活を人間に合わせる

犬の生活に合わせるのではなく、人間の生活に合わせるようにしましょう。例えば、ごはんは人間が食べてから与える、サークルから出す時間を決めるなどです。

・メリハリをきちんとつける。

遊ぶときは思いっきり遊んであげる、怒る時はきちんと怒る、良い事をした時やこちらの指示にきちんと従った時は沢山褒めるなどのメリハリが大切です。

関連記事:犬が突然散歩を嫌がる理由を調査!夏や冬の散歩時間

まとめ

  • 犬が噛む理由は一つではなく、その時その時のシチュエーションで対処してあげる。
  • 犬が噛んだからと、手をあげるのは噛む癖が悪化しやすくなってしまうので絶対にNG。
  • 上下関係をきちんと築くことで、しつけがしやすくなる。

犬が噛む理由について、そして上下関係についていかがでしたか?犬が人間を噛む理由をしっかり把握し、それに合った対処法を試してみて下さい!そして、出来るだけ小さいうちに上下関係を作って飼い主の言う事を従順にしたがうような愛犬にしてあげる事で、噛み癖などの問題行動も自然と無くなります。

犬との信頼関係を作って、犬にとっても飼い主さんにとっても一緒に住みやすい環境を築き上げて下さいね!