犬の夏の昼や夜の暑さ対策!扇風機やエアコンは良いのか?

年々夏の温度が上昇している中、心配なのは犬のお留守番の時間ですよね。日中お仕事や用事などで家を空けて、家に犬1匹の状態で、窓を開けて行くわけにもいきませんよね…。

外で飼っている場合も、家の中みたく熱はこもる事は無いですが、気温が高いときは心配になります。今回は、夏の昼間の暑さや夜の暑さの対策について、ご紹介していきますので是非参考にしてください!

犬の夏の昼や夜の暑さ対策!扇風機やエアコンはどの程度使って良いのか

夏のお昼と夜の暑さ対策について(室内飼いの場合)

室内で犬をお昼間お留守番させる場合、いくら風通しのいい場所に居させていても、窓を閉め切っている家の中は温度が高くなってしまいますよね。そういった時、扇風機やエアコンの使用はしてもいいのか?そしてどのくらいの程度で使用してもいいのか…。など色々考えますよね。

まず扇風機の使用ですが、扇風機は1日中つけていてもかまいませんが、実は犬にとって暑さをしのぐという点では意味がありません。

何故かというと、人間と犬とでは体温調整の方法が違って、人間は暑いと汗をかき体温調整を行います。そして、扇風機を使用して涼しいと感じるのは、体の表面に出てきた汗が蒸発するとき、気化熱として熱が奪われるからです。

しかし犬には汗の腺がほとんどないので、汗をかきません。ですから扇風機の風邪が体に当たっても体温が下がる事はなく、涼しいと感じることが出来ないのです。

犬にエアコンの効果はどうなのか?

次にエアコンの使用についてですが、エアコンの冷房は室内の温度を下げるので扇風機の使用や、窓を開けておく事よりも涼しく感じます。

しかし、冷気は床に溜まりやすく、背の低い犬にとっては寒く感じる事もありますので、エアコンの温度には気を付けるようにしましょう。一日中エアコンをつけっぱなしにする場合は、温度を低く設定せずお昼の間であれば大体25℃前後で設定しておくことをおススメします。

電気代が気になる方は入りタイマーをお昼前に設定し、切りタイマーを夕方ごろに設定しておくと日中快適に過ごせます。他にも凍らせて使用できる犬用の冷え冷えマットやアルミプレートなどの犬用の暑さ対策グッツを活用する事もおすすめします。

そして一番大切なのは、いつでも新鮮なお水を用意しておく事です。ご飯の時間などに合わせて毎回水を入れ替えてあげましょう。

夜の暑さ対策は、夜間の涼しい地域については、エアコンは使用せず窓を開けて凍らせたペットボトルをタオルなどにくるんで置いてあげておくなどの対応してあげましょう。

夜間も暑い地域については、お昼の間と同じくエアコンをつけてあげる、暑さ対策グッツを置いてあげる、など、お昼の時間の暑さ対策と同じ事をしてあげると良いでしょう。

※エアコンを使用している場合でも、ペットボトルを凍らせておいたものを置いてあげる事をオススメします。万が一停電してしまった時少しでも涼めるように窓も少し開けておくと良いでしょう。

夏のお昼と夜の暑さ対策について(外飼いの場合)

犬を外で飼っている場合、犬を繋いでいる場所に注意してください。コンクリートの上は日中暑くなりますので、普段コンクリートやアスファルトの上で生活させているのであれば、場所を移動させましょう。

そして、屋根の無い場所に繋いでいる場合、屋根があって直射日光を防げる場所、そして風通しのいい場所に移動させるか、屋根がついている小屋を設置しておきましょう。

ペットショップやホームセンターなどに行くと「ウエットタイル」などの暑さ対策グッツがありますのでそちらを活用するのも良いでしょう。他にもミストを設置してあげると暑いお昼の間でも快適に過ごせます。

室内で飼っている場合と同じく、お水は必ず常に新鮮な物を用意してあげましょう。夜間も同様、外の気温が25℃以上の場合は、凍らせたペットボトルを置いてあげる、暑さ対策グッツを置いてあげるなどの対策をしましょう。

お昼の間や夜間で家の中に入れてあげる事が出来るのであれば、夏の間は家の中で過ごさせるというのも一つの方法です!

暑さ対策に私のひと工夫!

私事になりますが、うちには4匹の犬が居ます。外に中型犬が1匹と室内に小型犬が3匹です。暑い夏は毎年乗り越えられるか心配になりますが、なんとか毎年頑張って乗り越えてきました!

まず、外で飼っている犬は、散歩に行った後のついでに毎日ブラッシングをして毛を抜けるだけ抜いていました。日中は凍らしたペットボトルを3本(2L)置いていました。

小屋を設置した時から夏の事を考えて風通しのいい、そして屋根が付いている場所に置いていたので、場所移動などは特にさせていません。

室内で飼っている犬については、犬専用の部屋がありそこで毎日生活させています。その部屋にはエアコンが付いていなくて、夏はとっても暑いです…。(私が居る夜の時間はエアコンをついた部屋で一緒に過ごしています。)

日中は家に誰も居ませんが、二階に部屋があるので、日中窓は開けっぱなしです。しかしそれだけではまだ暑いです…。ですので、冷風機×室内プール(水の中に保冷材も入れて)を置いてあげています!冷風機に関しては、1日中つけっぱなしです。

室内プールなんか置いたら部屋がびしょ濡れになるのでは?!と思うかもしれませんが、部屋は犬が滑りにくくするために、フローリングマットをひいているので多少濡れても問題なく、プールの周りに吸水マットを2枚ほど置いておくと部屋がびしょ濡れになる事はありません!

(水の量は入れ物の3分の1にすると体全体が濡れる事が無くまた溺れてしまう心配もありませんのでGOOD!)

ですが、プールに入った後乾かす事が出来ないので、多少ニオイがきつくなってしまいます…。これも夏の間だけ!と我慢してもらうしかないのですが…。

私が居ない日中の間が一番暑い時間帯なので、毎日心配で仕事が手につかない事もしばしば…。ですが帰ると、元気いっぱいでお出迎えしてくれるので、今の方法を何年も続けています。

ここで紹介した方法以外にも、夏バテ対策の方法は沢山あると思います。犬を飼っている周りの家庭に、夏をどう過ごしているかなどを聞いて真似をしてみるのも良いでしょう!

犬の暑さ対策でしてはいけない事!

夏になると皆様やってしまいがちの、サマーカットですがとにかく暑そうだから全部刈っちゃえ!と丸坊主状態にしてしまうのはNGです。

犬は毛が沢山生えており見た目は暑そうですが、実は犬の被毛は紫外線や直射日光から守っているのです。その守ってくれている毛をすべて刈ってしまうと、犬の体にもろに、紫外線や直射日光が当たってしまい被毛がある時以上に暑く感じてしまいます。

皮膚トラブルにも繋がりますので、サマーカットをする場合は、ある程度毛は残してあげるようにしましょう。

まとめ

  • 犬の夏のお昼、夜の暑さ対策でエアコンを使用してもOKですが、25℃前後で設定しておく。
  • 外で飼っている場合でもお昼や夜の気温をみて、夜も気温が高い場合は昼間にしているのと同じ対策をしてあげましょう。
  • サマーカットは、刈り過ぎに注意!出来るだけ体の毛は残しておきましょう!(長すぎず短すぎず!)

犬の夏の昼の間や夜の暑さ対策!扇風機やエアコンは良いのか?についていかがでしたでしょうか?

近年猛暑が続いている中で、人間の熱中症のニュースがちらほら流れだす頃、実は犬も熱中症で病院に運ばれてくる子が沢山います。熱中症は最悪の場合死に至る事がある恐ろしい病気です。

そうならないようにも夏に入る前に夏の暑さ対策グッツの購入や風通しのいい場所・部屋に移動などの準備をしましょう!

関連記事:子犬がウンチを食べてしまう原因と対策!ドッグランはいつからデビューすればいい?