犬のシャンプーは人間用を薄めたり石鹸を使ったりしてもいいのか解説!

犬をシャンプーする際、「人間用の石鹸を使ってもいいのか?」と疑問を持つ方は沢山いらっしゃると思います。実際人間用の石鹸を使用している方もいらっしゃいます。

今回は犬用の石鹸と人間用の石鹸の違いと、人間用の石鹸は使用しても良いのかをご紹介していますので是非参考にしてください。

犬のシャンプーは人間用や石鹸を使ってもいいの?

犬用のシャンプーと人間用の石鹸の違いとは?

犬は人間と違って皮膚が薄いつくりになっていてとてもデリケートです。少しの刺激でも皮膚が傷ついてしまいます。人間用の石鹸は、人間に合わせて作られているものなので、犬に使うには刺激が強すぎます。

刺激が強い物を犬に使用してしまうと、1回のシャンプーで皮脂が全部落ちてしまい、乾燥してフケや痒みが出てきます。犬の毛の状態を悪くする事にもなります。

そして、全部落ちてしまった皮脂を、犬の体が頑張って作ろうとしてしまうので、皮脂過剰になりシャンプーしたのにベタベタする!臭い!という状態になってしまうのです。犬用のシャンプーは犬用として作られているので、その点は安心して使用できます。

犬用のシャンプーも完全に安心安全ではない!

人間用のシャンプーは必ず、成分表示がされているのですが、犬用シャンプーは「雑貨」として扱われているので、必ず成分表示を記載しないといけないという決まりがありません。

ですので、何が入っているのか分からないものも沢山あります。中には食洗器と同じ成分が入っている犬用のシャンプーもあるのが現状です。犬用シャンプーが必ず安全!とは一概には言えませんね。

結局人間用の石鹸か犬用のシャンプーどちらが安全・安心なの?

絶対どっちが安心安全!とは言い切れないのですが、あくまで私個人の意見では人間用の石鹸の方が安心なのかな?と思います。成分表示がされているので、無添加の物を選べば安心・安全だと思って今でも、人間用の石鹸を使っています。

子犬の頃は成犬にくらべ、皮膚が弱いので、犬用シャンプーを使用していましたが、今では、人間用の石鹸を薄めて使用していて、問題はないです。特に毛がギシギシしているというような事もありません。

実際人間用の石鹸を使用していて毛並みが綺麗になったという声も聞きます。ですが、人間用の石鹸を使用する場合は、無添加の物を選び、更に薄めて使用するようにしましょう。

そのまま使用してしまうと、犬の皮膚にかなりのダメージを与えてしまう事になります。人間用の石鹸の使用については、賛否両論で「絶対にダメ!!」という方もいれば、「薄めて使えば問題ない!」という方もいらっしゃいます。

実際人間用の石鹸を使ってみたけど、赤みが出た、痒そうにしていたなどの経験談も聞きます。犬の皮膚の強さは個体によってバラバラです。

人間用の石鹸を使用する場合は、使用する前にパッチテストをする事をおすすめします。

参考サイト:dogoo.com

犬にパッチテストを行う方法

人間用石鹸を薄めて(大体8倍~10倍)お腹に塗り(毛が生えていない場所もしくは少ない場所)10分ほど放置します。

塗った場所が赤くなっていたり、痒がっていたり、フケが出るようだとその石鹸は肌に合っていないという事ですので、その場合には人間用の石鹸は使用しない方が良いです。

犬用のシャンプーの中でも安心して使用できるシャンプーはいくつかご紹介。

・APDCティーツリーシャンプー

値段もそれほど高額ではなくシリーズが沢山あり、自分の犬に合ったシャンプーが選べるのも魅力です。

・ノルバサンシャンプー0.5

獣医さんも使用していて、低刺激かつ高い殺菌効果、消臭効果が期待できる商品です。

・ビルバック アデルミルシャンプー

アレルギーがある子でも使用できます!

・ジョンマスターオーガニックペットシャンプー

オーガニック認証成分を配合していて、100%植物由来のペット専用シャンプーです。毒性の成分は入っていないので、安心して使用できます。

自宅で犬のシャンプーを行う方法!

自宅でシャンプーを行う方法を簡単にご紹介します!

用意する物

  • コ―ムブラシ
  • スリッカーブラシ
  • タオル2枚
  • ドライヤー
  • 犬用シャンプー又は人間用石鹸をあらかじめ薄めた物

シャンプー

シャンプーの前には必ずブラッシングを行いましょう。

お湯(36℃~38℃)で①お尻②後肢③背中④胸⑤前肢⑥顔の順番で濡らして汚れを浮かせていきます。いきなり顔からお湯をかけるとびっくりして暴れ出してしまうので必ずお尻から濡らすようにしましょう。

  1. 前足、後肢を洗います肢の裏や指の間、を丁寧に洗いましょう。特に肉球の間や脇は汚れが溜まりやすい場所なので丁寧に洗ってください。
  2. おしりや内股を丁寧に洗います。内股は汚れが溜まりやすい場所なので特に丁寧に洗いましょう。
  3. 顔を洗います。目に入らない様に気を付けて顔の周りを洗います。
  4. 全身を綺麗に洗えたら綺麗に洗い流します。特に肢の付け根や顔周り、耳などは洗い残しの多い場所なので気を付けて洗い流しましょう。
  5. シャンプーとリンスが分かれている物であれば、シャンプーと同じ工程でリンスをします。(シャンプーをする時は汚れを落とすように洗いますが、リンスの時はコーティングするように毛に塗っていきます。)
  6. 洗い流す時は、①頭②耳③顔④背中⑤胸⑥前肢⑦お腹⑧お尻⑨後肢
    の順で流しましょう。
  7. 水気を綺麗に拭き取ります。このときにきちんと水気が摂れていないとドライヤーに時間がかかってしまいます。

ドライヤー

  1. 水気をしっかり取ったらもう1枚のタオルで仕上げに体全体の水気をふき取ります。
  2. まずはお尻から首に向かって乾かします。スリッカーブラシがあると乾きが早くて便利です。この時毛をかき分けながら地肌もきちんと乾かしましょう。
  3. 前肢・後肢を乾かします。前肢・後肢は非常に乾きにくいため、入念に乾かしていきましょう。
  4. 体全体が綺麗に乾いているかチェックして、乾き残しがある箇所は綺麗に乾かしていきましょう

関連記事:トリマーの資格にかかる料金をわかりやすく解説!取得方法や期間、注意点も!

まとめ

  • 人間用の石鹸の使用は賛否両論!
  • 人間用の石鹸を使用する場合は薄めて使用し、使用前にはパッチテストを行う!
  • 犬用シャンプーには成分表示が無い為、使用する場合は信頼できるメーカーを使用する事をオススメ!

犬のシャンプーは人間用を薄めたり石鹸を使ってもいいのかについていかがでしたでしょうか?

犬用のシャンプーでも絶対安全!という事が言えないのが現状です。だからと言って人間用の石鹸が絶対安全!という事も無いのです…。

どちらを使用する場合でも、初めにパッチテストを行っていると安心ですよ!動物病院で推進しているシャンプーもありますので、行きつけの動物病院が推進しているシャンプーを聞いてみるのも良いと思います!

関連記事:犬が散歩中や自宅で吠える理由や対処法!あまり吠えないおとなしい犬の種類