犬の熱中症の症状、吐くことや痙攣の対策!隠れている病気について!

犬

犬の熱中症について、よくご存じない方もいらっしゃるかと思います。実は、犬の熱中症も人間同様悪化すると死に至ってしまう恐ろしい症状です。そして、犬は人間と違い汗をかかないので熱中症になりやすい傾向にあります。

今回は、犬の熱中症について詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてください。

犬の熱中症の症状とは?吐くことや痙攣が起きた場合の対策

犬の熱中症の症状

  • 苦しそうに大きく口を開けて「ハァハァ」と呼吸をしていてよだれを大量に出している
  • 吐く、下痢
  • ふらふらしている
  • 目や口内粘膜が充血する(いつもより暗めの赤色、赤レンガ色)

症状が悪化した場合

  • 失神
  • 虚脱
  • 筋肉の震え
  • 意識が混濁しており、呼んでもあまり反応しない
  • 意識が無くなる
  • 全身の痙攣
  • 吐血や血便、血尿
  • チアノーゼ
  • ショック症状

熱中症で吐いてしまった時の対処法

気温が高いときに犬が吐いてしまったら熱中症の可能性を疑いましょう。

そして、嘔吐が見られたらまず水分を補給しましょう。冷たい水やスポーツドリンクを薄めた物、もしくは犬用のポカリスエットも販売されているのでそちらを飲ませるのも良いでしょう。

脱水症状になっている可能性があるので、嘔吐している形跡が見られる場合はすぐに水分補給をさせましょう。そして、部屋を涼しくする事、犬の体を冷やしてあげる(保冷剤をタオルに巻いて近くに置いてあげる)などの対策をしましょう。

体を冷やしても吐く症状が続く、他の症状が出てきた場合はすぐに病院へ連れて行きましょう。

脱水症状かどうかの確認方法

  1. 首の皮を持ち上げて、放します。通常の場合すぐに戻るのですが、脱水症状になっている場合、皮膚の弾力性が失われ、持ち上げてもすぐに戻りません。
  2. 歯茎の一部を白くなるまで指で押して、放すと通常の場合元の歯茎の色に(ピンク色)にもどるのですが、脱水症状になっている場合、毛細血管の再充時間が遅くなるので、指を離してもすぐにピンク色に戻りません。

このどちらか、もしくはどちらも試して、通常の場合と違う場合は脱水症状を疑いましょう。水分を沢山補給してあげて、どうしても飲まない場合は、病院へ連れて行きましょう。

熱中症による痙攣の対処法

・熱中症により痙攣している場合、してはいけない事

無理に押さえつけるなどをして痙攣を止めようとしない事。急に体を起こしたり、揺らしたりしない事。痙攣している時にぶつからない様に周りに家具や物が無いかを確認する

犬が痙攣をしたら飼い主さんも焦りますよね。あまり見ない光景だと思います。
ですが、慌てず落ち着いて対処してあげてください。飼い主さんが慌てていたら犬も心配になりますし、冷静になれば、しっかりと対応できるはずです。

熱中症による痙攣の対処法は

まず、首輪やリードを出来るだけ犬の体を動かさない様に、触らない様に取ってください。首輪やリードによって首が閉まる事を防ぎます。(無理そうなら様子を見て、痙攣が収まってから外しましょう。)
そして痙攣が収まるまで静かに見守ってあげてください。痙攣が収まったら、まず同時に嘔吐をしていないかを確認し、もし、嘔吐物で喉を詰まらせていた場合、取り除いてあげましょう。

それから保冷剤や凍らせておいたペットボトルなどにタオルを巻いて、犬に当ててあげて体温を下げます。それからすぐに病院へ連れて行きましょう。

痙攣をする前後の様子をきちんと覚えておいて、獣医さんに伝えると獣医さんもその後の処置がしやすくなります。

心配で収まったらすぐに病院へ連れて行きたいところですが、体温が高い状態で、暑い外に連れて行くと余計危険なので、体が冷めてから、もしくはどうしても心配ですぐに連れて行きたい場合は、犬の体温が上がらない様に冷ましながら病院へ連れて行きましょう。

関連記事:小型犬のケージ飼いのメリット・デメリット!ストレスは大丈夫なのか!

 熱中症以外にも吐いたり、痙攣したりする症状が出る病気があります!

夏場に吐いたり、痙攣したりする場合、熱中症が一番考えられる病気として挙げられていますが、他にも、吐く・痙攣する症状が出る病気があります。

犬が痙攣して吐く場合の病気

・てんかん

てんかんは、「吐く」というより、「泡を吹く」症状です。原因は、脳波の異常が原因と言われていて、先天的な脳の問題や、脳が損傷していたり、脳腫瘍が出来ていたり、低血糖症や肝臓、腎臓の疾患がある場合でもてんかんが起きることがあります。

症状としては、痙攣をしながら泡を吹く(吐く)他に、意識が無くなり、30秒前後で発作は収まり、何もなかったかのように普通の様子に戻ります。

・ジステンパー

ジステンパーは犬の感染症です。ウイルスが感染すると症状が現れます。症状は、初めは発熱や食欲低下ですが、進行すると以上興奮やてんかん発作(痙攣)チック症が見られるようになります。

体力が低下している犬や子犬の場合は、高熱や吐く、下痢をする、咳が出る、鼻水が出るなどの症状が初期症状として見られます。

・尿毒症

尿毒症とは、尿として排泄されるはずの毒素が、肝臓に異常が起こり、体内の老廃物をろ過する力が低下してしまう事で、全身にまわってしまう病気です。命に関わる事もあります。

症状は、吐く、痙攣、体温の低下、食欲低下、口からアンモニア臭がする。などの症状がみられます。

・チョコレート中毒

犬に食べさせてはいけない「チョコレート」を食べた事により出る中毒症状の事です。症状は、不整脈、運動を嫌がる、吐く、下痢、尿が多くなる、筋肉の痙攣、発作、血尿、脱水、腹痛などの沢山の症状が見られます。大量に摂取した場合、死に至るケースもあります。

・鉛中毒

古いペンキや絵の具、バッテリー、床材などの鉛成分を含んでいる物を口にしてしまう事で中毒になります。症状は、吐く、下痢、てんかんに似たような痙攣を起こします。

・殺虫剤による中毒

殺虫成分でもある「トリクロロフォン」や「マラチオン」などの有機リン系殺虫剤を舐めてしまったり、気化したものを大量に吸い込んでしまうと中毒になってしまいます。

症状は、ぐったりする、下痢、吐く、よだれが出る、筋肉の痙攣などがみられ、重症化すると呼吸困難や全身痙攣を起こし、昏睡状態に陥る場合もあります。

参考 外部サイト:PetLIVES

まとめ

  • 熱中症で吐く、痙攣するなどの症状がみられる場合、それぞれの処置をした後、動物病院へ連れて行く事をおすすめします。
  • 吐いてしまった場合、水分補給は忘れずにしてあげてください。
  • 痙攣している場合は、無理に動かさず収まるまで静かに見守ってあげてください。

犬の熱中症の症状、吐くことや痙攣の対策!についていかがでしたでしょうか?熱中症は放っておくと死に至ってしまうので、少しでも異変を見つけたら、体を冷やして動物病院へ連れて行くようにしましょう。

夏場だと熱中症か他の病気かを判断するのに時間がかかったりすることもあります。症状が出る前後の様子、他の症状などを覚えておくと獣医さんが熱中症か他の病気かを見分けられる材料になります。

そして、熱中症にならない様に日ごろから犬の熱中症対策はきちんとしておきましょう!

関連記事:犬の夏の昼や夜の暑さ対策!扇風機やエアコンは良いのか?