犬の飼育の年間や生涯の費用を算出!トータルから見る意外なコスト

犬

犬を飼うときには、あまり考えないであろう、犬を飼ってから生涯にかかってくる犬の費用は知っているべきです。

飼ってからこんなに費用がかかると思わなかったという理由で捨てられる犬はまだまだ後を絶ちません。今回は、犬の費用、月・年間・生涯ごとにご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

犬にかかる年間、生涯の飼育費用!

犬の費用、月の場合

犬を飼ったら、必ずかかってくる費用がドックフード、シャンプー&トリミング、光熱費、トイレシート等…。

ドックフードは、銘柄によっても金額が変わり、ピンキリです。なので、この額!という金額ははっきり上げられません。

  • ランクがいいエサで計算しますと大体(小型犬)月5000円
  • シャンプー&トリミング(小型犬)月1回の場合、3000円前後
  • トイレシート1600円
  • 光熱費1500円前後

全て合わせると、11100円ほどです。

このほかにも、歯磨きグッツや肉球ケアなどを購入するとプラス1000円ほど必要です。

しつけ教室に通えば、このしつけ教室代金、病気になれば、病気の治療費などもかかります。こちらでは、小型犬の紹介を致しましたが、大型犬になると、ドックフード代や光熱費、トリミング料金は上がります。大型犬だと大体月に16000円ほどかかります。

犬の費用、年間の場合

上記の費用を年間にすると、小型犬の場合133500円ほどです。大型犬の場合は、192000円ほどです。

これに、病院代や年に1回の予防接種(ワクチンや、フィラリア予防)がプラスになります。

薬代や病院代は病院によって金額が様々ですが、小型犬の場合、ワクチン1回6000円~7000円(6種)フィラリア注射6000円~、狂犬病ワクチン3000円~

他にもダニ予防など、必要であれば予防接種を受けなければいけません。

犬の費用、生涯の場合

上記の1か月間~年間の費用を犬が12歳まで生きたとして、単純計算すると、小型犬の場合は1602000円大型犬の場合は、2304000円

ですが、これに、ワクチン代等186000円もプラスになります。ほかにも病気になれば、病院代や上記に記載した以外の消耗品や犬用グッツ代もかかってきます。

なので、犬1匹飼うと犬の生涯にかかるお金は200万円はかかると思っていても過言ではないでしょう。

私の家には犬が4匹いて、3匹は小型犬、1匹は中型犬です。幸い今のところ大きな病気もせず、病院にお世話になることもあまりありません。

それでも1ヵ月の餌代は13000円ほどかかります。中型犬は外で飼っているので必要ありませんが、部屋の中にいる3匹のトイレシート代は約2000円、シャンプーカットは、家で行っているので、シャンプーとリンス代、水代、ガス代が少しかかりますが、トリミングに連れて行くよりは安くついています。

よって1ヵ月で15000円ほどです。

年間でかかる費用はワクチン代は4匹併せて約60000円です。全部合わせると240000円+光熱費

生涯でかかる4匹の犬の費用は(12年生きたとして)300万ほどです。よく1匹飼ったら2匹飼っても3匹飼っても一緒!という人がいますが、(ショップ店員さんもおっしゃる方がいます)うのみにせず、よく考えて多頭飼いをしましょうね!

1匹飼っても4匹飼っても100万円ほどの違いだと思うかもしれませんが、うちの場合は犬に負担を与えないようぎりぎりまで節約して、(エサも海外の多く入って安く、成分も日本産より害が少ない物を買っています)この金額です。

これから病気になってしまったり、介護が必要になったりするとこの費用はもっと膨れ上がるでしょう…。

実際【犬の費用 生涯】と検索をしたらいろいろな金額が出てきます。すべて間違いではないと思います。飼っている犬によってかかる費用も違ってくることもあります。

そして皆様一致しているのは生涯かかる犬の費用は数百万だという事です。決して少ない額ではありません。

犬を飼うのであれば、年間~生涯にかかる費用をきちんと見越して、飼う必要があります。

購入時には、【この子は将来病気にならない】という絶対的な保証はありません。なのでこの子はもしかしたらいつか、病気をして、大きなお金が必要になるかもしれないという事を想定して飼いましょう。

近年では、犬の保険も沢山ありますので、飼う際に保険に入ることをお勧めします!

そして、購入時にわかる将来なり得る病気についてはきちんと説明をしてもらうようにしましょう。特に先祖に先天性の病気にかかっている犬はいないかなどをきちんと聞いておきましょうね。

賢い犬ランキング小型犬特集!あの小型犬がとても賢かった!

犬の費用が想像以上にかかり犬を飼えなくなったら…?

本来あってはならない事態ですが、犬をかわいいからという理由だけで購入し、年間・生涯までの費用がここまでかかることを知らず、費用がかかりすぎて飼えなくなったと保健所に持ち込んだり、捨てたりしている方は後を絶たないのが現実です。

この様な事をなくすためには、上記にも記載をした通り、犬の年間・生涯かかってくる費用を理解し、購入先の方のお話をきちんと聞くことが大切です。

ですが、このような事を知らずに購入してしまい、今どうしたらいいのかわからなくなっているかたへ…。

まず、保健所には持ち込まないようにしてください。捨てるのはもっとNGです。一番は、身近な方で大切に育ててもらえる人を全力で探しましょう。

身近な人に貰い手がいない場合は、里親が募集できるネットや施設を頼ってください。保健所に持ち込んでしまったら、引き取り手がいない場合、殺処分になってしまいます。

育てられなくなったという勝手な理由で殺処分になる犬の気持ちを考えましょう。

まとめ

  • 犬の費用は、最初の購入費だけではありません。あなたが思っている以上の費用がかかります。
  • 犬を飼うと小型犬だと年間133500円、大型犬の場合は、192000円以上の費用がかかる。
  • 生涯にすると、200万円以上かかる事もあります。

犬の飼育の年間や生涯の費用を算出!についていかがでしたでしょうか?意外と、犬の費用は多くかかる事がわかります。犬が可愛いからという理由で飼うのはもちろん良い事ですが、犬の費用が年間~生涯にかけてこれだけかかる事を知っておく事が大切です。

病気一つせず、亡くなる子もいれば、手術をしないと治らない病気にかかってしまう子もいます。いろんな可能性を考えながら、犬を家族に迎えましょうね!

ペットの臭いを消す方法『犬編』コツや注意点!