チワワの寿命と死因に関するランキング。病気予防や長生きの秘訣!

チワワ

チワワの寿命や死因について、気になる方は沢山いらっしゃると思います。小さいから寿命が短いのでは?小さいので病気をしやすいのでは?などいろんな疑問があると思います。

今回はそんなチワワの寿命や死因について疑問を抱いている方へ、チワワの寿命や死因をランキングにしていますので、良ければ是非参考にしてください。

後半では、チワワのペットショップでの販売価格やチワワの特徴について記載していますのでそちらも良ければ、参考にしてくださいね!

チワワの寿命や死因などのランキング

チワワ寿命・死因ランキング

~チワワの平均寿命について~

小さいから寿命が短いと思われがちですが、実は、チワワの平均寿命は小型犬の中でも長く15歳ほどといわれています。人間の歳にすると大体76歳前後です。

もちろん、飼い主さんの健康管理によって、もっと長生きすることもありますよ!

~チワワの死因ランキングTOP4~

  • チワワの死因ランキング1位:ガン
  • チワワの死因ランキング2位:心臓病
  • チワワの死因ランキング3位:腎不全
  • チワワの死因ランキング4位:突然死

ガンや心臓病、腎不全は定期的な健康診断を行っていれば、早期発見早期治療ができます。特に、先天性の病気は防ぐことができませんので、先天性の病気が多い犬種を飼っている場合は特に健康管理をきちんとしておく必要があります。

~チワワ突然の死因について~

チワワの突然死は、主に病気が深く関係していることが多いです。下記のような病気には十分注意しておきましょう。

  • 先天性心疾患

生まれつきで心臓やその周りの血管に異常がある状態のことで、先天性疾患と言ってもたくさんの種類があり、症状が全くない場合もあれば、生まれてからすぐに症状が出て深刻な状態に陥ってしまう場合もあります。

  • 【予防法】

予防は困難ですが、早期発見、早期治療が出来るように生後すぐに検診を受ける事をオススメします。

  • 重度の不整脈

循環器疾患の一つで、通常不整脈があっても心臓がきちんと拍動できていれば症状が現れませんので治療の必要があるものはそれほど多くはありませんが、中には心臓が血液を正常に送れなくなってしまう重度の不整脈も存在します。

  • 【予防法】

不整脈の種類は様々です。基礎疾患があるかどうかなど健康診断を受けてチェックする事が重要になります。

  • 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

恒例の小型犬が発症しやすい心臓の病気です。心臓の左心房と左心室の間に僧帽弁という、血液を全身に送り出すために開閉する弁があります。その僧帽弁が閉鎖不全が起きることで発症してしまいます。

  • 【予防法】

予防が難しい病気で、完治も難しいと言われていますが、定期的に健康診断を行い早期発見、早期治療をすると進行を抑える事も可能です。

  • てんかん重積

脳波に原因不明の乱れが生じる発作をてんかんと言います。てんかんは通常十数秒ほどで収まるのですが、この発作が繰り返したり、長時間続いたりすることをてんかん重積と言います。

  • 【予防法】

処方された抗てんかん薬を指示通りきちんと内服していることが一番の予防になります。

関連記事:室内で飼いやすいペット特集!人気のペットの価格や特徴!

チワワの長生きの秘訣

チワワの長生きの秘訣は他の犬同様にストレスのない生活と新鮮なエサ、運動が重要です。どうしても長生きをしていくとガンにはなりやすくなってしまうことはやむを得ないことです。

ただそうなりにくくすることが大切ですよね。そのためにも人間と同じようにできる限りストレスや不安な気持ちにさせないような生活環境を作ってあげましょう。

<チワワの長生き要素>

  • ストレスのない生活
  • 新鮮な水やエサ
  • 適度な運動

動物は人間以上にストレスに弱い子もいます。特にチワワは臆病な子もいますので、見るからに臆病だなという子に関しては、愛情をしっかり注いで元気に運動をさせてあげましょう。

ドッグフードも可能であれば獣医師さんと相談して決めるのも一つの方法です。あれこれと悩むより、専門家に相談することも有効です。

チワワの特徴や平均価格、飼う際に注意する事

チワワ

出典:https://www.pakutaso.com/

世界で最も小さな犬と言われているチワワ。飼いたい犬種ランキングでも常にTOP5の中に居ます。ちょこちょこと歩く姿が凄く可愛いくて、真ん丸でくりくりとした目でこっちを見つめられると、なんでも言う事を聞きたくなりますよね。

その、かわいくて守ってあげないと!と思う見た目の反面、勇敢な反面もありますので番犬としても役に立ちます。飼う際に注意する事はおもちゃにしたり、甘やかせすぎたりすると攻撃的な性格になってしまうので、気を付けましょう!

小さいですが、噛むと大けがに繋がる事もあります。しつけはメリハリを付けてきちんと行いましょうね。

毛のタイプは2種類あり、毛の短い【スムースタイプ】と毛の長い【ロングタイプ】です。カラーは、レッド、ホワイト、クリーム、チョコレート・タン、ブラック・タン、フォーン・ホワイトなど様々なカラーがあります。

お散歩時間も他の犬種に比べると少な目でOKです。(運動が少なくても良いからと、お散歩に行かないのはNGですよ。)

上記に記載した以外でもチワワの気を付けておきたい病気が口蓋裂、肛門開存、膝蓋骨脱臼、眼疾患、低血糖などの病気です。特に口蓋裂という病気はチワワに多いので気を付けましょう。

・チワワの気をつけておきたい病気 口蓋裂(こうがいれつ)

上顎に亀裂があり、口腔と鼻腔が通じた状態のことで、乳首を吸おうとしても、空気が入ってしまうので吸えずに成長が出来なくなり、放っておくと衰弱死してしまいます。

上記の場合は先天性の形態異常です。後天性の場合は事故や電気コードなどでの火傷、腫瘍の切除などにより、口蓋などが欠損したなどの時です。

見ただけでわかる場合もありますが、先天性の場合は、子犬でごはんを食べた後、鼻水が出ていたり、咳やくしゃみ、ご飯を食べるのにムラがあったりします。他にも口臭やごはんが鼻から抜ける。などの症状が出ます。

若ければ若いほど、治りが早いと言われていますので、もしあなたが飼っているチワワがこういった症状がある場合は病院へ連れて行きましょう!

放っておくと、気管支炎や肺炎栄養不良になってしまい、治りが遅くなってしまったり、最悪の場合死に至ってしまう事もあります。

チワワの価格については、タイプや性別、毛の色、サイズ、股関節の強さなどが値段を付ける対象になります。

タイプはロングの方が値段が高く設定されている場合の方が多いです。ですが、スムースだからと価格が大幅に上下するわけではありません。性別はメスの方が少し値段が高く設定されてる事が多いです。ですがタイプと同様それほど上下するわけではありません。

毛の色は、珍しい色程価格が上がります。サイズにつきましては、1.5キロ以下の極小チワワは人気が高く値段が高く設定されています。次に股関節の強さですが、チワワは小柄なため、膝の関節が外れやすいと言われていて、股関節の強い子ほど、値段が高く設定されます。

安いから、股関節が弱いとは限りませんが、あまりにも安く販売されている子の場合は、何故こんなに安いのかを詳しく聞いておく必要がありますよ。金額は、安ければ4万から高ければ40万以上する子も居ますよ!

参考となるサイト

チワワブリーダー

ペットウェル

まとめ

  • チワワの平均寿命は約15歳と、意外と長生きです!
  • 飼い主さんがきちんと健康管理をする事で、もっと長生きする事もありますよ^^
  • チワワは、小さく守ってあげたい!という見た目とは逆に勇敢な一面もあります。甘やかせすぎは×です!

チワワの寿命と意外な死因に関するランキングについていかがでしたでしょうか?死因ランキング1位はガンです。人間同様ガンは健康診断で発見する事が可能ですので、定期的な検診を受ける様にしましょう!

ガンによっては症状が出る物もありますので、愛犬がいつもと様子が違う場合は、迷わず病院へ連れて行きましょう。チワワに多い病気を把握し、健康管理をきちんと行い、1日でも長生きしてもらいましょうね^^!

関連記事:猫好き芸能人特集 女性編!種類や名前がユニーク!