猫の熱中症対策にエアコンなしは危険な理由!やむを得ない場合の対処法

猫

暑い夏、人間同様猫も暑い場所にずっといると熱中症になってしまう事があります。熱中症による死亡例も沢山あり、夏場は特に部屋の温度管理を徹底しないといけません。

今回は猫の熱中症対策について、そして夏のエアコンなしは危険なのか、などのご紹介をしますので是非参考にしてください。

猫の熱中症対策にエアコンなしはちょっと危険な理由!

暑さに強いと言われている猫が何故エアコンなしでは危険なのか?

それは猫は湿度に弱い動物です。夏場の部屋の中は暑いに加え湿度も高く、外にいるよりも過ごしにくい環境です。

暑さに強いと言われている猫ですが、近年の異常な暑さと日本の湿気には、エアコンで暑さ対策をしないと熱中症になってしまいます。

特に子猫や高齢の猫はすぐに弱ってしまいますので、気を付けましょう。以上の事から熱中症対策を何もしていない閉め切った部屋で、日中エアコンなしで過ごさせるのはとても危険です。

出来ればエアコンをつけてあげましょう。そしてエアコンは部屋の温度を下げるのではなく除湿モード(ドライモード)で28℃前後に設定しておいて、部屋の湿気を取ってあげることがベストです。

ですがずっとエアコンをつけているのは、電気代も気になりますよね…。では、エアコンが故障したり、やむを得ない事情がありエアコンなしで熱中症対策の方法をご紹介します。

エアコンなしの熱中症対策①遮光カーテン

まず、猫がいる部屋の窓には、日差しが入る事を防ぐため遮光カーテンを使用しましょう。そうすると室内の温度の上昇を少しでも抑える事が出来ます。

エアコンなしの熱中症対策②扇風機

扇風機で室内の空気を風で循環させるのは有効な方法です。窓を開けて風通しの良い部屋であれば尚更効果的でおすすめです。念の為、子猫の場合は扇風機のコードを噛むことが稀にありますので、注意しておきましょう。

エアコンなしの熱中症対策③冷却マット

夏対策グッズの、冷却マットやアルミのプレート、大理石のマットなども販売していますのでそちらも活用してあげましょう!冷却マットはジェルの物は引っかいて中のジェルを出して誤飲してしまう可能性もありますので、ジェルの物は使用しないようにしましょう。

エアコンなしの熱中症対策④水の交換はこまめに!

水は常に綺麗な状態で、頻繁に変えてあげましょう!外出する場合は、外出時に交換すると良いでしょう。水を入れている器もぬめりや菌が発生しやすいので適度に洗うようにしてください。

いずれにしても、エアコンなしの状態で飼い主さんが外出する場合は、出来るだけ早めに帰ってきてあげる様にしましょう。お留守番中に熱中症になってしまい、飼い主さんが帰ってきたときにはもう遅かった。という事は少なくありません。

帰りが遅くなると事前にわかっている場合は、エアコンなしの状態にするのではなく、エアコンをタイマーで付くようにしておくなどの対策をしておきましょう。とはいっても、やはり可能であればエアコンは一定温度でつけっぱなしの方が安心です。

猫が夏場に食欲低下をする原因、病気の可能性はある?

猫が夏に食欲低下をすると、真っ先に疑うのが熱中症ですよね。もちろんその可能性も高いのですが、実は他の病気の可能性もあります。

夏に食欲が低下した場合は、注意して様子をみる必要があります。

まず、部屋を日中締めきっていたりエアコンなしで過ごさせていたり、熱中症対策をしていない場合は、熱中症になっている可能性もゼロではありません。

熱中症は食欲低下の他、ぐったりしていたり口を開けて呼吸をしていたり、よだれを垂らしていたり、下痢や嘔吐の症状が見られます。

食欲低下のほかにこれらの症状がある場合は熱中症の可能性もありますので、体を冷やしてあげて病院へ連れて行きましょう。

 

ここからは、夏の日中過ごしやすい環境に居て、熱中症対策も出来ているのに食欲が低下している場合に考えられる事です。

・毛玉症

毛が生え変わる時期(冬毛から夏毛)に毛玉症になりやすくなります。夏場だけではなく、1年中を通して起るので、注意しましょう。

毛玉症とは、簡単に言うと毛づくろいをしたときに飲み込んだ毛が詰まってしまう病気です。食欲不振の他、嘔吐やうんちに毛が混じっていたり、痩せて来るなどの症状が見られます。

・下部尿路疾患

特に夏に多くなると言われている病気の一つです。気温が高くなる事で、無くなる水分量が多くなり、おしっこが凝縮されて濃くなる事で、尿路結石になりやすい原因になります。

トイレに行く回数が増える、おしっこがピンク→赤になり血が混ざっている、などの症状がみられる場合、尿路疾患があると疑われます。

・食中毒

部屋の温度が高いと、私たちが食べるごはんが痛むのと同じで、キャットフードも傷みやすくなり、特にウエットタイプのフードを出しっぱなしにしておくと、腐ってしまいます。梅雨の時期も湿気で雑菌が繁殖しやすい環境になり、食中毒の原因になります。

特に夏と梅雨の時期は気を付けましょう。猫が食中毒になると、嘔吐や下痢、高熱が出る、元気が無い、背中を丸めているなどの症状が見られます。

いずれにしても症状が出ている場合は、病院へ連れて行き処置をしてもらいましょう!

参考:Petwell

まとめ

  • ・夏場は出来るだけエアコンなしにする事はしないでおく。どうしてもエアコンなしの状態になるのであれば、熱中症対策を必ずする。
  • ・熱中症対策に扇風機はあまり効果が無く、猫が隙間に手を入れてしまうと危険なのでもし扇風機を使用するのであれば、線を切られない様にして、猫の届かない所に置く。
  • ・夏になる病気には熱中症だけではなく、他の病気にもなる可能性があり、見分ける必要がある。

猫の熱中症対策にエアコンなしは危険な理由!についていかがでしたでしょうか?冒頭にも記載しましたが、猫は暑さに強いと言われていますが、近年の暑さ、日本の環境では猫は快適に過ごすことができません。

熱中症にならない為には、エアコンを使用する、もしくは熱中症対策を十分にすることが大切です。

少しでも猫にとって過ごしやすい環境を作ってあげてください!そして水分補給はとても重要になるので、しっかりとさせるようにしましょう。頑張ってこの暑い夏を一緒に乗り越えましょう!