猫の飼育にかかる年間や一生の費用

猫

近年猫ブームで猫を飼っている方も増えてきています。今から飼ってみたいと思っている方も沢山いらっしゃると思います。

今回は、猫を飼うと年間どれくらいの費用がかかるのかなどをまとめていますので、ご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね!

猫の飼育にかかる費用!年間や一生のコスト

まず、猫を購入する際にかかる費用を計算してみましょう。

猫をペットショップやブリーダーさんのところで購入した場合は猫自体を購入するお金が必要になります。

その他にかかる物(概算)

  • 猫用のフード 1000円ほど
  • エサ容器 500円
  • ほど飲み水用の容器 500円ほど
  • トイレ本体 3000円ほど
  • トイレの砂 1000円ほど
  • 猫のキャリーバック 4000円ほど

こちらが必要最低限かかる初期費用です。すべて合わせると10000円ほどです。この金額プラス猫を購入する購入費がかかります。

そして猫を拾った・もらった場合は健康診断に行きましょう。特に拾った猫にはお腹の中に虫(ネコ回虫)がいることが多く、その他の病気を貰ってしまっている場合もありますので必ず健康診断に連れて行きましょう。

上記で紹介したもの以外でも爪とぎや爪切り、猫のベット、おもちゃ、ブラシ、キャットタワーなども後々必要になってきますよ。

次に月にかかる費用をご紹介いたします。

月にかかる費用は、猫のエサ代・トイレの砂代・光熱費くらいです。

  • 1ヶ月のエサ代1000円~
  • 1ヶ月のトイレの砂代1000円~
  • 1ヶ月の光熱費(猫)1000円~

これ以外にも爪とぎも消耗品です、1ヶ月でダメになる時もありますのでその他消耗品を合わせて高く見積もっても3000円~4000円ほどです。

もちろん、エサはもっと高級な物もあります。エサにこだわる方は1ヶ月4000円じゃ足りない事もあります。それでも犬に比べ猫の方が費用が掛からないことが分かりますね!

そして、猫にかかる年間の費用ですがまず、1年に1度のワクチンを接種しなければいけません。この費用が3種で3500円ほどです。

これに加え、健康診断をしておくと猫の健康も把握でき、安心でしょう。健康診断は病院によっても様々ですが大体4000円前後ですることができます。

このほかにも、シャンプー、トリミングに連れて行かれる方はトリミング代金がかかりますし、おやつやおもちゃを買い与えたらその分も追加になります。

必要最低限必要になる費用につきましては、年間約84,000円ほどです。

これに健康診断をするのであれば約4000円プラスになりますし、ノミ・ダニの予防接種を受けるのであればその分の費用も必要になります。病気をしてしまったら治療費などもかかります。

私の知り合いが飼っている猫についてはエサをそれほど多く食べる子ではないらしく、1度エサを買うと2か月は持つらしいです。年間にかかる費用も普通に仕事をして普通の収入があれば普通に一緒に暮らせているよと言っていました!

個体によっては、食が細い子もいるみたいなので、そうなるとエサ代も少なくて済みますね!

猫は外に出して飼っていると、怪我をして帰って来たり、病気をもらって帰ってきてしまう事があります。こういった場合、病院へ行かないといけなくなり、出費もかさみます。

猫の健康や安全の為にも、完全室内飼いをおすすめしますよ!もし、外にも出したいという方はワクチン接種の種類を増やすようにしましょう。

室内飼いの場合は、3種類でも十分だと思います!(野良猫を触って、ウイルスが付着したまま家に入ると移る事があります。飼い主さんは野良猫を触ったりするのは辞めましょう。)

世界的には3年に1度というペースになっているそうなので、そういった事も頭に入れておくと良いかもしれません!(ただし、初年度の3回のワクチンは必ず行きましょう。)

そして、一生にかかる費用ですが、猫が12歳まで生きたと想定すると1008000円程の費用がかかります。上記にも記載しましたが、病院代やその他消耗品は含まれていないので、これ以上かかるかと思われます。

一生にするとこれだけの費用がかかるのですね…。

猫に限らず、動物を飼うときはその動物の事について良く調べておく必要がありますね!

猫の去勢・避妊手術について

上記には記載していない、猫の去勢・避妊手術についてですが、この手術は特に外にも出して飼いたいと思っている方にはしてもらいたい手術です。

費用は地域によっても変動しますがオスが20000円前後、メスが21000円前後と少々高額ですが、望まない繁殖を防ぐだけではなく、オス特有の病気、メス特有の病気を防ぐこともできます。

メスは、乳腺腫瘍の発生率を下げる事が出来ます。他にも卵巣や子宮の病気が予防でき、発情期が無くなるので、発情期のストレスも軽減されます。

オスは、精巣の病気を予防でき、マーキング、スプレー行為が防止できます。

それぞれのデメリットは共通していて、まず赤ちゃんが出来なくなる事そして肥満になりやすくなります。

肥満になる事で尿路系の病気になりやすくなりますので、去勢・避妊手術をした場合は体重管理をきちんと行ってください。

住んでいる市区町村によっては猫の去勢・避妊手術の費用を一部負担してくれる地域もありますので、お住まいの地域でそういった取り組みが無いかを手術を行う前に調べておきましょう!

まとめ

  • 猫を飼うと年間費用は大体84000円程!
  • 年間にすると84000円程ですが、1ヶ月にすると、3000円~4000円程!
  • 犬と比べればそれほど高額ではありませんが、思いがけない病気などで、高額な出費になる事もあります。

猫の飼育にかかる年間費用や一生の費用についていかがでしたでしょうか?年間の費用は84000円と、決して安くはない金額です。犬よりは手間も費用も掛からないという猫ですが、それでも金額の負担はかかります。

猫を飼う場合はこういった費用も頭に入れて購入を検討してください。そして、子供を産ませる予定が無いのであれば、避妊・去勢手術は出来るだけ行うようにしましょう^^