アロマオイル、部屋の匂いに対するおすすめの使い方!

梅雨の季節、部屋干しやペットのにおいなどが気になったことはありませんか?中には、雨で部屋は閉めきり、そのため湿度の高いじめじめした空気に不快感を覚えたりしたことがある人もいるでしょう。

そんなときは、ぜひアロマオイルを活用みてください。ここでは、アロマオイル初心者の方にも安心使えるように、アロマオイルの使い方も含めて、部屋の匂い対策を紹介します。

アロマオイル、部屋の匂いに効果的な使い方!

アロマオイルというのは、植物の葉や実、果実などから採取されます。そのため天然成分でできているため、安心なものと言えるでしょう。誰も不快な匂いのする場所に行きたいと思う人いません。居心地の良い空間にいたいとは誰しもが思います。

では、心地よい空間を作るにはどうすればいいのでしょうか。まずその部屋の匂いそのものを変えてみてはいかがですか?人は、匂いを嗅ぐことでその神経が脳に伝わり、快・不快の情報や記憶を引き出します。

しかし、匂いの好みは人それぞれなので、いい香りと思っていてもそれが苦手な人もいます。そのため、一概にこのアロマオイルが絶対におすすめできるというものはないのです。

もし、部屋の匂いをイメージしたい空間に近づけたいのであれば、そのイメージにあうアロマアオイルを。

アロマオイルは目的に沿って選ぶ

もし、アロマオイルの効能を期待したいのなら、その目的の効能に沿ってアロマオイルを選びます。例えば、森をイメージしたいのならひのきやジュニパーベリーなどを用いることで、ウッディな香りがそのイメージに近い空気感を作ってくれます。

風邪対策なら呼吸器官に効果が期待できるユーカリやティーツリーがおすすめです。呼吸することで、体の中にアロマオイルの成分が取り込まれ体の免疫を強化してくれる可能性が期待できるのでおすすめです。

また、これらの抗菌・抗ウイルス作用に期待できるアロマオイルを空気中に拡散することで、健康的でここち良い空間を作り出すことができます。

私自身、特に冬場はインフルエンザ予防を期待して毎日ユーカリとティーツリーを部屋に拡散して使用します。そのおかげか我が家の子供たちは、インフルエンザはもとより、一年を通して風邪をほとんど引きません。

直接香りを嗅ぐと独特な匂いも、部屋の匂いとしてほのかに香る程度なら子供もあまり嫌がりません。そういった意味でも、部屋の匂い対策にアロマは便利と言えるでしょう。アロマオイルは体調管理にとても役立っています。

さて、部屋の匂いに関してですが、リラックス効果を期待するのであれば、ラベンダーやオレンジスィートがとても使いやすくおすすめです。この二つは、一つ一つでも効果がありますし、ブレンドしても使えます。

関連記事:アロマオイル、無印良品に評判の良いおすすめ品リスト!

柑橘系アロマもおすすめ

特にオレンジスィートの柑橘系の香りは強い香りが苦手な人でもなじみやすく、お客様を招いたりするときにも使え、とても便利です。また、就寝前の部屋の匂いをラベンダーやオレンジスィートの香りにすると、何もない部屋で寝るときと比べて安眠効果が上がると言われています。

お店に行くと、この二つのアロマオイルがすでに安眠用アロマオイルとしてブレンドしてあるものが売っていたりするほどです。気分を変えたかったら、アロマオイルを変えてみましょう。新しい香りにリフレッシュした気分になります。

アロマオイルを使用するときには、是非、部屋の匂いをどうしたいのかを考えてからアロマオイルを選んでみてください。

場所の広さやアロマオイルを置く場所、また誰が使う部屋なのか、そこは 人が集まる場所なのかなどを考えることによって、使いたいアロマオイルが異なってくるからです。

参考サイト:ALL About

なぜアロマオイルが部屋の匂いにおすすめなのか

アロマオイルは直物から採取されるものなので、基本的には安全なものと言えます。しかし、中には安価に売られているものや100%その植物の抽出成分ではないものも売られています。

また、アロマオイルの中には、妊婦さんや小さい子に向かないものもあります。そこに気を付けて探せば、アロマオイルは手軽に入手できるのです。

使い方さえマスターすればとても便利です。アロマオイル一つでも使用できますし、いくつかブレンドして自分の好みの香りを見つけ出すこともできます。

アロマオイルにはそういった楽しみもあるのです。もし、自分の好きなブレンドを見つけたら、是非その香りを部屋中に広げてください。部屋の匂いが自分の好きな香りになるだけでワクワクしませんか?

部屋に拡散するアロマオイルの濃度を変えるだけでも匂いの強さは変わってきます。そのため、リラックスやリフレッシュしたい時、集中したい時など気軽に部屋の匂いを変えることができるのです。

■アロマオイルの消臭効果

また、アロマオイルの使い方の一つにナチュラル系の素材(重曹やクエン酸など)に混ぜて使う方法があります。アロマオイルをそれらの素材と一緒に使うことで部屋の消臭、抗菌作用が期待できます。特に、ペパーミントやティーツリーは抗菌作用に優れているため掃除向きと言えます。

ペパーミントの清涼感ある香りは、掃除として使用するだけでも部屋の匂いに気を使うことができるので、アロマオイルに抵抗ある人でも使いやすいオイルの一つではないでしょうか。

■アロマオイルを上手にお部屋に拡散する方法

最後に、部屋の匂いに対してどうやって香りを拡散できるのかいくつか紹介しましょう。まず、アロマオイルの拡散器として頭に浮かぶのは、アロマディフューザーなどの芳香拡散器ではないでしょうか?

ミスト(ディフューザー)やファンを使って拡散するもの、電気式やキャンドル式のように水の蒸発とともに香りを広げる物もあります。

これらの拡散器はインテリアとしてお部屋に置けるので素敵です。部屋全体の匂い、つまり広範囲に機能してくれるものとして、常時使用できるので、毎日使う方は拡散器がおすすめです。

ほかには、陶器や木製の置物タイプに直接アロマオイルを垂らしたり、ティッシュに直接たらすやり方もできます。これらは、香りが欲しい場所をピンポイントで広げてくれるので、狭い部屋の匂い対策に適しています。

使いたいときや部屋の匂いが気になった時にシュッとひと吹きできるルームスプレーをアロマオイルで作ることができます。

アロマオイルは、さまざまな使い方ができるので初心者の方でも気軽に始められます。

関連記事:アロマオイルをお風呂に入れるのは危険か安全か!?

まとめ

  • アロマオイルには、さまざまな香りがあります。そのため、それぞれに違った効能や効果があり、自分の好みに合わせて部屋の匂いを作ることができます。
  • 自分のなりたい気分やその時の目的に合わせてアロマオイルを選べるので、日替わりで部屋の匂いを変えることができます。
  • 手軽に入手でき使い方も簡単なので、だれでも扱いやすいです。
  • アロマオイルの拡散方法は、いろいろあるので場所や広さによって自分でアレンジすることができます。

私がアロマオイルを知ったのは、科学成分が苦手な友人や皮膚の弱い子どもの影響で、自然なものに興味をもったのがきっかけでした。

好きな香りでしかも体にいい影響を及ぼしてくれるアロマオイルの使い方にどんどんはまり、簡単なことから実践していきました。

部屋の匂いをオレンジスィートにしてみたり(子供には大好評)寝ている間は、ユーカリで風邪予防したりと、日々の生活にすんなりなじみ、いつの間にか欠かせないものになりました。

是非アロマオイルを上手に活用して暮らしの質を豊かにしていきましょう!