アロマオイルの使い方!トイレ・玄関・寝室など!おすすめの種類!

みなさん、アロマオイル一つでさまざまな使い方ができるのをご存知ですか?アロマオイルは、道具を使って芳香する以外にも、材料をそろえることで自然の物の脱臭剤やアロマスプレーを作ることができます。

ここでは、家の中で欠かせない場所「トイレ」「玄関」「寝室」に絞っておすすめのアロオイルやそれぞれに適した使い方、芳香の仕方を紹介していきます。

アロマオイルの使い方とおすすめのアロマオイル:トイレでの使い方

ここではトイレでおすすめのアロマオイルを紹介します。ただ香りを漂わせるだけでなく、アロマオイルの効能にも着目しました。トイレは毎日使う場所であり、とても汚れやすい場所でもあります。

アロマオイルをうまく使えば、どんなときにも気持ちよく使えるように助けてくれるはずです。

トイレでアロマオイルを使用する場合、柑橘系のアロマオイルと抗菌作用の優れたアロマオイルがおすすめです。スイートオレンジやレモン、グレープフルーツのアロマオイルにはリモネンという成分が多く含まれています。

市販品などにもオレンジの香りが多くあるのを見たことはありませんか?それは、このリモネンが、汚れを溶かして落とす役割があるからです。また、ティーツリーやペパーミントには抗菌作用が優れているので、トイレ掃除向けです。

トイレにおすすめのアロマオイルアイテム

トイレでの使い方としては、アロマスプレーを作って使用するのが一番使いやすいでしょう。一つ作っておけば、床掃除や、消臭したい時にシュッとひと吹きするだけで済みます。

アロマスプレーにはエタノールが含まれるのでアルコール消毒もできますし、すぐ気化するので空気中にスプレーしても香りだけが残ります。

このアロマスプレー、実はすごく簡単に作れます。材料は、3つだけです。油に溶けるアロマオイルは精製水だけでは混ざらないので先にエタノールにアロマオイルを垂らして混ぜます。

全体量の2~4%の濃度になるようにしましょう(30mlで12~24滴)。そして最後に精製水を加えて完成です。使用するときは振って混ぜてからスプレーするようにしてください。

関連記事:アロマオイル、無印良品に評判の良いおすすめ品リスト!

アロマオイル:玄関での使い方

玄関は、家と外をつなぐ場所です。気持ちよく家を出られた方が良い一日のスタートが始められそうですよね。また、来客の際は、気持ちの良い香りで迎えてあげたいですものです。ここでは、玄関でのおすすめのアロマオイルの使い方やおすすめのアロマオイルを紹介します。

玄関におすすめの道具はアロマストーンです。アロマ専用の石に好きな精油を垂らすだけで香りが楽しめるものです。手軽に持ち運べて、また垂らす精油を変えるだけで香りを変えられるので手軽でしかも便利です。

玄関におすすめの道具はアロマストーンです。アロマ専用の石に好きな精油を垂らすだけで香りが楽しめるものです。手軽に持ち運べて、また垂らす精油を変えるだけで香りを変えられるので手軽でしかも便利です。

玄関におすすめのアロマオイルは柑橘系

おすすめのアロマオイルはオレンジやマンダリン、レモンなど柑橘系の香りです。これらは、前向きな気持ちにさせてくれるので、意欲的に活動したい日や緊張していて不安やストレスがあるときに、特におすすめです。

また、玄関では除湿効果のある重曹にアロマオイルを垂らして混ぜることで手作りの除湿剤を作ることができます。さらに消臭効果のあるユーカリやティーツリー、ペパーミントを混ぜるだけで、オリジナルの脱臭剤が作れます。

入れ物は、ジャムなどの空いた瓶を使用し、ガーゼなどで蓋をしてリボンやゴムを付ければ可愛いインテリアにもなります。これは、重曹とアロマオイルを混ぜるだけの簡単なものなのでアロマオイル使うのが初めてのひとにもおすすめです。

アロマオイル:寝室での使い方

また、玄関と違って、寝室は心身的に体を休める大切な場所です。その環境を整えるのにアロマは大変役に立ちます。アロマオイルは、寝ても疲れが取れなかったり眠れなかったりする人には特におすすめしたいものです。

もちろん、アロマオイルはどの部屋にも使えるので、寝室の他にも客間であったり、リビングであったり、香りを楽しむのもアロマオイルの楽しさでもあります。

寝室や他の部屋にアロマオイルの香りが欲しい時は、一番簡単なのはアロマディフューザーでしょう。適正範囲をしっかり把握しておけば気軽に香りが楽しめます。

またライト機能やタイマー機能のものであれば、寝室でリラックスしたあかりしつつも、ディフューザーの消し忘れの心配がなく安心です。また、勉強部屋では、集中できる香り、リビングや寝室にはリラックス効果のある香りと使い分ければ、アロマオイルの幅も広がるでしょう。

寝室でのおすすめアロマオイルはオレンジスイートやマンダリン

おすすめのアロマオイルは、オレンジスイートやマンダリンです。柑橘系は匂いに敏感な人や苦手な人にも受け入れやすいので初めての人にはとても使いやすいです。他にもフローラル系の香りならラベンダーやパルマローザ、ネロリがおすすめです。

優しい香りで気持ちを落ち着かせ、イライラし気持ちやストレスを抑えてくれ、リラックス効果が高いです。他にも森林系の香りもあり様々な香りがあります。アロマオイルは自分の好きな香りを選ぶことが大切です。

効能や効果を期待して慣れない香りを使用するのではなく、自分の好きな香りを見つけることがアロマオイルの使い方の一つでもあります。どんな場所にどんな香りを使いたいのか、その中で好きな香りを用いることで、心地の良い空間を作り出すことができるでしょう。

関連記事:アロマオイル、部屋の匂いに対するおすすめの使い方!

アロマオイルの使い方:まとめ

  • トイレでは、抗菌作用の強いアロマオイルや柑橘系のアロマオイルを用いてアロマスプレーを作ると使いやすい
  • 玄関では、柑橘系で明るい気持ちにさせる香りを用いる、もしくは、重曹に消臭効果のあるアロマオイルを混ぜて除湿剤にして用いる
  • 寝室、その他部屋では、リラックス効果の高いフローラル系のアロマオイルを中心に自分の好きな香りを見つけて使用すると心地よい空間を作りやすい

まとめてみて、気づいたのは柑橘系のアロマオイルは使い勝手が良く、また効能も使いやすいことが分かります。しかし、どのアロマオイルも違った香りを持ちながら同じような効能も期待できるため、自分の好きな香りを見つけるのもアロマオイルの楽しみだと思います。

アロマオイルを香りだけであきてしまった人は、ぜひ除湿剤やアロマスプレーなどのクラフトに挑戦してアロマオイルの使い方の幅を広げてより香りを楽しんでもらいたいと思います。

関連記事:アロマオイルをお風呂に入れるのは危険か安全か!?