捨て猫を見つけたら対処法はこうしましょう!保健所に連絡するとどうなる?

捨て猫

捨て猫を見つけたら、あなたはどんな対応をしますか?うちでは絶対飼えないから見て見ぬふりをする人や、飼えるかどうかわからないけど連れて帰って、飼手が決まるまで探す、又は自分で飼う。保健所に届けるなどいろんな意見があると思います。

この記事を見て下さっている方の中には、捨て猫を見て、放ってきたけど、何とかしてあげたい!と思って悩んでいる方、や家に連れて帰ったものの、どう対処すればいいのかわからない!!と悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

今回は、捨て猫を見つけたら、どんな対処法をすればいいのかをご紹介していますので是非参考にしてください。

捨て猫を見つけたらどうすればいいのか解説!

捨て猫を見つけたら、あなたが出来る対処法

冒頭にも記載しましたが、捨て猫を見つけてどう対処するかは、人それぞれ違うと思います。ですが、捨て猫を見つけて立ち止まったあなたは捨て猫を見なかった事にもできるし、保護してあげられる事も出来ます。

まず、捨て猫を見つけたらどう対処してあげられるのが一番良いのか。

私の考えでは、それは断然「保護する」ことです。お家で飼えなくても、飼ってくれる人を頑張って探して、猫が少しでも長く生きられるようにしてあげる事が捨てられた猫にとって、一番幸せな事です。

ですが、飼い主が見つけられる保証もないですし、見つからなくて、結局保健所に連れて行ったという例も少なくありません。一度連れて帰ってしまうと、保健所に持っていくことの罪悪感というものは、見て見ぬふりをしたときよりも何十倍も辛いでしょう。

家で飼う事も出来ないし、飼い主さんを見つける事も保証が出来ないのであれば、最悪そのままにしておくか保健所に連絡をして「猫が捨てられているので引き取ってください」と捨てられている場所もしくは、引き取っている家を伝えると、保健所の方が引き取りに来てくれます。

では、捨て猫を見つけて見て見ぬふりをすると猫はどうなってしまうのか?

一つの可能性として、あなたの次に見つけた方が引き取ってくれる可能性があります。見つけやすいような場所に捨てられていたらその可能性は高くなりますね。

そのまま、誰も引き取ってくれなかった場合、その場所で餓死してしまうか、カラスのエサになってしまいます。猫が箱から抜けだして、車にひかれて死んでしまう事もあります。

暑い夏ですと、熱中症になり死んでしまう可能性もあります。寒い冬だと低体温で死んでしまう可能性もあります。あなた以外の方が引き取ってくれている事が一番の望みですよね…。

保健所に連絡すると捨て猫はどうなる?

次に、捨て猫を見つけて、保健所に連絡した場合猫はどうなってしまうのか?

まず、保健所に連絡した場合、保健所の方がその場所に来てくれて引き取ってくれます。引き取られた猫は保護されますが、飼い主が見つからない場合3日~7日後に苦しみながら殺されてしまいます。

残念ながら、環境省のデータを見ると、平成28年度の資料では猫の殺処分数は4万5千以上となっています。そのうちの約3万匹は子猫となっています。

しかし悲しいことにそのうちの約15%が飼い主が自ら保健所へ猫を引き取らせたケースだそうです。

参考サイト:環境省自然環境局

捨て猫を見つけて保護した場合の対処法

捨て猫を見つけて保護した場合、まず夏の場合、涼しい場所に連れて行き水分を補給してあげる事を優先的に行ってください。

冬の場合は、体温が下がっているので、タオルで包んで暖かい場所に連れて行きましょう。捨てられている猫は、低血糖になっている可能性が高いので、猫用ミルクがある場合は与えてあげましょう。

そのほかの方法としては、ガムシロップを少しずつ舐めさせてあげましょう。ガムシロップは低血糖症を防ぐ効果があります。

捨てられている猫が弱っていなくて、そこそこ元気がある場合は、動物病院に連れて行きましょう。(病院代は自己負担になってしまいます。)捨てられていたと話したら、必要な処置を獣医さんがしてくれます。これからのお世話についても聞いておきましょう。

もし、家に既に飼っている猫がいる場合は、病院へ行き、診察を受けて一緒にしても大丈夫という指示があるまで、近づけないようにしましょう。

捨て猫が、ダニやノミ、感染症などを持っている場合、移ってしまうので安易に一緒に遊ばせたりするのは辞めましょう。

捨て猫の飼い主を見つける場合

もちろん知人に飼ってくれる人がいるのであれば、その方に託すのも良いです。ですが、もし知人に飼ってくれるという方が居なかった場合、動物病院で里親探しをしている事を伝えると、協力してくれる事があります。

病院でチラシを張ってくれたり、捨て猫を引き取る会など、代わりに里親を探してくれるような施設を紹介してくれる事があります。ネットでも里親を探す会などのHPが乗せられていたりしますので、飼手が居なくて困っている方は、是非そちらを利用してみて下さい!

ショップではなく捨て猫を飼いたい場合はどこへ問い合わせすればいいのか?

まず、地域の保健所に問い合わせてみて下さい。

保健所は里親探しなどの保護施設違って、飼手が見つからなかった場合、殺処分されてしまいます。保健所から猫を引き取る場合に必要になる物は、「身分証明書」「印鑑」「飼育許可の証明書(賃貸の場合)」が必須です。

そしてその他の方法としては、里親探しのポスターなどを見つけた場合、書いてある番号に問い合わせをしてみたり、ネットで「里親募集 ○○県」などと検索をしたりすると里親を募集している施設やサイトが出てきます。

引き取った後は、病院に必ず連れて行き、検査をしてもらいましょうね!

まとめ

  • 捨て猫を見つけたときの対処法は、それぞれの家の状況を考えて保護してください。無理に保護をしない様にしましょう。
  • 猫を保護してどうしても知り合いの間で飼い主が見つからない場合は、里親に出しましょう。
  • 捨て猫を飼う場合、必ず引き取った際に一度病院へ連れて行くようにしましょう!

捨て猫を見つけたときの対処法についていかがでしたでしょうか?もし、保護しても家で飼えなかったり、知り合いで飼手が見つからない場合は、里親を出せるサイトや施設、病院などを当たってみましょう!

保健所に持っていくという手段は里親でもダメだった時の最後の手段に回して頂けると幸いです!もちろん、保護したあなたの所で過ごせるのであれば、一番幸せだと思います!

そして、猫を今飼いたいと思っている方は、ペットショップではなく、是非里親を募集している施設から貰って飼う事を考えてみて下さい!

関連記事:猫が怖がるもの嫌いなものランキング!