ラリマーの効果がすごい?江原さんもつけているこの石の力とは?

ラリマー

パワーストーンの中でも近年希少価値が高くなっているラリマー。タレントでもありスピリチュアルカウンセラーでもある江原啓之さんもラリマーをよく付けているといわれています。

今日はラリマーの効果がすごいということで、この石の魅力に迫ってみたいと思います。

ラリマーの効果がすごい!江原さんも愛用の石の魅力とは?

ラリマーはスギライト、チャロアイトと並び世界三大ヒーリングストーンと呼ばれている石です。ラリマーの持つ石の力としては平和や愛、自然との共生が意味合いとなっており、常に豊かな気持ちで人を愛し愛されるコミュニケーションの力を持った石といわれています。

ラリマーの産出地域で有名な場所はカリブ海のドミニカ共和国です。ラリマーの正式名称はブルー・ペクトライトというのが正式です。

普通のペクトライト(ラリマー)であればイギリスやアメリカ、カナダ、ロシア、チェコ、モロッコ、グリーンランドからも産出されます。このブルーの色をしたものがドミニカからしか産出されないのです。それだけに貴重な石なのです。

ラリマーの語源はとある学者の娘のラリッサと海を意味するマールというスペイン語をかけ合わせたものといい伝えられています。

ラリマーは江原さんも愛用している

江原啓之

ラリマーはあの江原啓之さんも身に着けていることがある石としても人気となっています。江原啓之さんは常に人を大事にし愛を持つ人に幸運がやってくると説いています。

ラリマーはそういう平和や調和を愛する人、そういう世界を求める人に力を与える石とされていますので、江原啓之さんが愛用しているのも納得ができますね。

江原啓之さんがタイガーアイなどをやたらと付けているような姿を見たことがありません。そこはさすがにわかっていらっしゃる方だと思います。やはり豊かになるには心からということを江原啓之さんは自ら示していらっしゃるのだと感じます。

だからこそラリマーが愛され重用されるのではと思います。

ラリマーの特徴や効果

  • ラリマーの意味  愛と平和
  • ラリマーの効果
    • 変化や幸運をもたらす
    • 高いコミュニケーション力
    • 調和をもたらす
    • 心身の解放
    • 人生の幸運
    • 心の浄化
  • ラリマーの色(ペクトライト類)
    • 水色
    • 白色
    • 灰色
    • 青色
    • ピンク色
    • 黄淡色
  • ラリマーの浄化方法
    • クラスター
    • セージ
    • 月光

※ラリマーは太陽光での浄化はさけてください。

ラリマーは太陽光の紫外線の影響を受けやすい石です。変色してしまうかもしれないので、一番のおすすめの浄化方法は月光です。次にクラスター、セージが良いとされています。

ラリマーの効果がどうすごいか?

ラリマーの効果を実感している人は多いと聞きます。私も実際にラリマーをつけてから気持ちが穏やかでイライラすることや出来事にも遭遇しなくなったような気がしています。

人によっては石の力かは不明ですが、職場の雰囲気自体が明るくなったとか、夫婦仲が良くなったとか、周囲への波及効果を語る人も多くいます。

これは石のを触媒にして、他の人たちの精神にも浄化の作用があったと私は考えます。そう考えると、ラリマーを身につけるだけでなく、原石や丸玉などを部屋に飾っていてもとても凄い効果がありそうな気がしませんか?

そうなると、人とのコミュニケーション、調和だけでなく、当然恋愛運にも良いわけです。例えばラリマーを付けていれば、包容力などが身につきます。それは意中の相手にとっても、不思議と癒やしの効果を与えることに繋がります。

そうなると、相手は「なぜかこの人と一緒にいると落ち着く」なんて気持ちになるわけです。ちょっとずるい使い方かもしれませんが、それだけのすごい効果がラリマーにはあると私は感じています。

ラリマーは貴重な石

先述のとおり、ラリマーは大変貴重な石です。単純に産出量も少なめで、産出されるドミニカ共和区の産出地域は約1キロ四方くらいの場所からしかほとんどブルーは産出されないといわれています。

他の国ではチェコが若干産出されていたと記憶しています。そしてラリマーは近年では非常に価格が高等していますよね。それはそういった希少な石という理由だけでなく、近年のパワーストーン人気の影響もあってのことです。

特に中国では少し前からパワーストーンブームとなっており、コーラルやラリマーなどの人気が沸騰しているようです。

非常に高額で取引する業者も増えていて、そういった背景が価格高等にあるようです。ラリマーは世界三大ストーンであり、幸運の石、そして希少価値が高いとなると、より欲しくなるのが人間ですね。^^;

私もラリマーはブレスレットで一つ持っています。非常に高額でしたが、付けているとじんわりと心がおおらかな感じになるのを感じます。非常に強い石の力を感じます。

江原啓之さんもお好きということで、ちょっとラリマー好きな私としても嬉しいです(笑)とはいえ、このラリマーの色自体もとても優しくて綺麗でかつ優美な色です。

母なる海を感じさせるこの石は、本当に人の心に繋がる力があると思わせる氣を放っています。

ラリマーの日本名

ラリマーの日本名は『ソーダ珪灰石』です。珪灰石(けいかいせき)はうラストナイトともいいます。この珪灰石とソーダと水酸基が含まれた石がラリマーです。

実はラリマーの歴史は実に新しいのです。まだ発見されてから30年くらいといわれており、石としては新鉱物の類になります。

ラリマーの選び方

ラリマー

ラリマー

ラリマーの色はとても美しいですよね。ラリマーの色の成分はバナジウムです。あくまで石選びはその人のフィーリングなので、絶対はないのですが、個人的におすすめしたいのは色のメリハリですね。

石の青い部分がしっかりしていて、ホワイトとミルキーな色合いの変化がしっかりしているのをおすすめします。

ラリマー

黄色がかったラリマー

このように黄色がかったラリマーになってくると、市場価値としてはリーズナブルになります。もちろん、石としてはこれはこれでありなんですよ。あくまで市場価値としての話です。

そう聞いてしまうと、やはり濃いブルーのラリマーを選びたくなるのが人間ですね。しかし価格もそれ相応です^^; ではお買い得なラリマーのブレスレットはどんなものがあるのかといいますと、それは次をご覧ください。

リーズナブルなラリマーブレスレットとは?

ラリマー ボタンビーズ

ラリマー ボタンビーズ

リーズナブルでそれなりのラリマーが欲しいという方には、通常のビーズタイプよりもボタンビーズなどの方が小ぶりで女性向けのブレスレットとしてもオシャレでおすすめです。

ボタン状になっているタイプなので、ブレスレットとしては数をふんだんに使っています。目が細かいブレスレットになるので、重苦しさがなくオシャレ感がアップします。

小売価格では2万円台で購入できる範囲です。普通に丸玉のブレスレットですと10万円を軽く超えるものも多いラリマー。ボタンビーズが個人的にはお財布に優しくて良いと思いますよ。

これは凄いラリマー!丸玉39ミリ!

個人的には丸玉を集めるのが好きな筆者からすると次のラリマーは憧れです!なんと直系39ミリのラリマーがあるんですよねー。

ラリマー 丸玉

ラリマー 丸玉

これは憧れます。丸玉マニアとしてはヨダレものです(p_-) 発色、ツヤ、それなりに青も濃く、ラリマーらしいラリマーです。しかも大きい丸玉。これは欲しい!

これはまた幸運の波が押し寄せそうなラリマーエッグ!

今度はエッグタイプのラリマーです。

ラリマー エッグ

ラリマエッグ

これまた大きなエッグですねー。これがラリマーっていうのだから貴重です。恐竜の卵見たいですよね(笑)価格はおそらく数十万円はしますねー。手が出ない…(;_;)

ラリマーのまとめ

  • ラリマーは江原啓之さんも愛用しているといわれている
  • ラリマーは平和や愛、調和などを象徴する石である
  • ラリマー(ブルーペクトライト)はほぼドミニカ共和国で産出されるものだけをいう
  • ラリマーの価格は希少価値と人気から近年高等している

今日はラリマーにフォーカスしてみました。江原啓之さんは私もファンなので、ラリマー好きと聞いてちょっとうれしくなりました。

女性目線で見た場合はファッション的にもオシャレになりますし、それなりに高級な石ですので品位が上がります。クリスタル、アメジスト、ピンクオパール、ルチルなどとも相性が良いので素敵なブレスレットも作ることができますしね。

ラリマーはとても豊かで穏やかな気持ちにしてくれる不思議な石です。

8月の誕生石でペリドット以外のおすすめはサードオニクス!その理由とは!